ビールの人気・比較や売れてるランキング2017〜2018〜とおすすめのメーカー価格

●当サイトへようこそ!「目的の記事探し」「キーワード検索」で簡単・便利です!(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)



著者担当 ランキング調査隊

最新の通販ビール(国産)の人気ランキングをご紹介

人気のビール(国産)がわかる売れ筋ランキング最新版

をご紹介します。

その前に、、

ビールの種類や参考情報について
お話ししたいと思いますので、

是非最後まで読んで見てください!

(最新ランキングの入り口はページの最後の方にあります。)


国産ビールの定義

日本の酒税法によるビールとは、

  1. 麦芽、 ホップおよび水を原料として発酵させたもの
  2. 麦芽、ホップ、水および米その他政 令で定める物品(とうもろこし、コーリャ ン、じやがいも、でんぶん、糖類または大 蔵省令で定める苦味料もしくは着色料)の 度量の合計が麦芽原料の10分の5を超えないもの

とあります。

日本でビールが本格的に製造される
よう になったのは明治20年代だが、

10年後の日清戦争後は早くも
国内需要よりも輸出 量の方が
上回っているほどの長足の進歩を
とげました。

そうしたことができたのは、日本の
清酒醸造技術が高度に発達して
いたためといわれている。

topに戻る

ビールの種類を知っておこう!

ビールにはいくつかの種類が
あります。

これを知っておくと、ちょっとした
雑学になりますので、

友人や仲間、男性なら口説いて
いる女性にちょっと自慢できる
かもなので、

ぜい覚えておきましょう^^

生ビール


特に夏場は生ビールが美味しくなります。

熱処理をされていない、できたままの
ビール、それが生ビールです!

酵母菌が生きたまま残っているので
「生」といいます。

熟処理をしたラガービール(この後に
解説があります)と 比べると、

コクがあり泡もきめ細かで、のど
ごしのさわやかな昧に特徴があります。

反面、酵母菌が生きているため
過発酵や雑菌により腐敗しやすい
欠点があり、

昔は夏季にビヤホ ールなど消費量
の多い限られた場所だけで飲むこと
ができるものでした。

ジョッキーに生ビールを注ぐ
※ビールサーバーから注がれた生ビール

しかし、ビールタンクの技術の進歩
などで消費期限をある程度伸ば
すこともでき、

最近ではビー ルの季節性が薄れる
とともに女性の飲酒者の増加など、

夏以外でもビール消費量が増え、
四季を通じて生産されるように
なっています。

しかし、ビールはやっぱり夏が
美味しいと著者は思うのである(笑)

ラガービール


ラガービールは、生ビールを加熱処理して
酵母菌を殺し、長期間貯蔵できる
ようにしたビールのことです。

瓶詰生ビール(この後に解説が
あります)ができるようになるまで、

日本の瓶詰のビールはすべてこの
「ラガービール」でした。

酵母菌を殺してしまうため、
生ビールのようなフレッシュな
味わいには欠けるが、

いつでもどこでもビールを飲めたのは、
ラガービールがあったからこそである。

また、長期保存のため、ラガービール
は生ビールに比べホップの量が多く、
苦みが強いといえます。

キリンのラガービール 缶と瓶
※日本でラガービールと言えばやはりキリンでしょうか・・

ですので、瓶詰・缶詰生ビールの
登場で、ピール全体が苦みの
少ない傾向になりつつあり、

ラガービールのビリッとした苦みが
また見直されてきているのも事実です。

淡色・中等色・黒ビール


できあがったビールの色によって分類する
方法では、

淡色・中等色・黒ビール

などと呼ばれて分類される。

これらは、主に原料となる麦芽濃度によって決まる。

以下のようなことも解説できます。

1、淡色ビール=大部分のビールがこの種類で、黄金色をしたもの。
代表的なものが、チェコスロバキアのピルゼン地方に産するポップを
使ったピルゼンビールで、日本のラガービールもこのタイプである。

2、中等色ビール=黄金色より濃く、淡いかっ色をしているビール。
淡色ビールに比べると苦みが少なく、甘みがあり、コクがある。
普通の麦芽に黒麦芽、ミュンヘン麦芽などの濃色麦芽を加えて造る。

3、黒ビール=麦芽の香気を強めたビール で、苦みが少なく甘口である。
日本の黒ビ ールは、ドイツの黒ビールの代表的なものである
ミュンヘンピールよりも濃色である。

ビール(国産)の人気ランキング2017〜2018〜通販売れ筋・おすすめと種類

ドイツの酒税法ではビールを
麦汁濃度で、4種類に分類している。

薄い方から順に
@アイファハビール(2〜5.5%=麦汁濃度。以下同じ)
Aシャンクビール(7〜8 %)
Bフォルビール(11〜14%)
Cシ ュタルクビール(16%以上)
となり、これを色別分類法の
ビールにあてはめると、

  • 淡色ピ ールはAとBの中間、
  • 中等色ビールはB、
  • 黒ピールはBとCの中間

ということになる。

瓶詰生ビール


瓶詰(缶詰)生ビールには、

生ビールと同じように生きた
酵母菌が入っているわけではない。

濾過技術の発達で酵母菌その
ものを取り去ってしまうことによって
長期保存が可能になったビールである。

生ビールとラガービールの中間的
ビールであり、熱処理をしていない
ことでは生ビールと同じであるが、

酵母菌が含まれていないことでは、
ラガービール的といえる。

したがって、風味も生ビールと瓶詰
生ビ ールとでは違っており、

瓶詰生ビールは、生ビールほど
「生」(いき)はよくない。

生ビールはやはり酵母菌が元気
なのがいいと思うのは私だけだろうか。

スタウトビール


スタウトビールとはイギリスの「黒ビール」の事です。

主にアイルランドやイギリスで製造されるビール。

エール(この後に解説があります)と同じ
「上面発酵ビール」で麦汁濃度も
アルコール度も高く(6〜8%)、
独特の強い香りが特徴です。

イギリスの代表的なビールと言っていいものです。

代表的ブランドに「ギネスビール」の黒ビールがあります。

ギネスビールの黒ビール

スタウトと言えば、ギネス!と言われる
ほど有名なビール。

ちなみに、日本でもサッポロビールの
『ヱビス スタウト クリーミートップ』など
があります。

しかしこちらは、「下面発酵」なの
ですが、日本の場合、スタウトの
規約に上面・下面発酵の規定は
なく、

他の規約のスタウトの条件を
満たしているため、日本において
のは「下面発酵のスタウトビール」
ということになります。

またこんな風説がある。

ドイツ人はビールを大ジョッキになみ
なみとつぎ、一気にのどに流し込む
ように飲むが、

イギリスのパブなどでは、ビールをチビ
チビ飲んでいる風景がみられる。

このときのビールがスタウトビールなのである。

つまり、濃いビールだから少しずつ飲む

ということです。

上面発酵ビール・下面発酵ビール


ビールの製造法によるビールの分類として、

上面発酵ビール・下面発酵ビール
呼ばれるものがある。


「上面発酵ビール」とは、
発酵すると酵母が上面に浮き
あがってくる上面発酵性の酵母
を使って発酵させる方法です。

室温かそれ以上の温度で発酵
させるために「高温発酵ビール」
ともいう。

下面発酵性酵母はその後発見
されるものですが、

それまでのピールはすべてこの方式で
造られていました。

その代表的なビールとして、イギリスの
エール(ビール)(この後に解説があり
ます)があります。

ヒューガルデン ホワイト 330ml 瓶
※ヒューガルデン ホワイト 330ml 瓶 上面発酵ビール

上面発酵ビールは、エキス分や
アルコール度が高いのが特徴だが、

高温発酵のため、生のままでは
過発酵しやすい欠点があります。

それに対して
「下面発酵ビール」は、

発酵が進むと酵母が底に沈む性質
をもった酵母を使って発酵させた
ビールです。

この酵母は19世紀後半に発見され、
冷凍機の発明によって現代のビール
製造法の主流になっています。

とくにドイツで改良され、ドイツをはじめ
ほとんどのビール生産国はこの方式で
造っています。

エキス分やアルコール度は低く、おだや
かでキリッとした締まった味に特徴が
あります。

エール(ビール)


ビールのアングロサクソン語といえます。

イギリスではビールを「エール」とか「ピーヤ」と呼んでいます。

英国のビールは製造上古い方式を
とっているため、エキス分の多い
濃厚な味で、アルコール度の
高いビールが多いとされています。

こういったイギリス・ビールを「エール」と呼ぶ場合が多い。

英国王室御用達、バス ペールエール
※英国王室御用達、バス ペールエール

上面発酵で醸造されるもので、
大麦麦芽を使用し、酵母を常温で
短期間で発酵させ、

複雑な香りと深いコク、フルーティー
な味を生み出した18世紀までの
ビールのスタイル。

ちなみにこのあとにラガーが登場、
爆発的に人気となります。

アイルランドにはレッド・エール
イングランドでは瓶詰めされたライト・エール
イギリスにはペール・エールと呼ばれるものもある。

では次に今のビールのランキングに
関するお話を少ししておきます。

topに戻る

ビール(国産)人気ランキングの参考情報や価格

国産ビールのランキングで人気するビールのキーワードは、

  • この夏にしか飲めない!
  • ケース買い、セット購入がお得!
  • お中元としてビールを活用する

などです。

例えばテレビcmでも宣伝中の、

サントリー ザ・プレミアムモルツ<香るプレミアム> 350ml×12本入

サントリー ザ・プレミアムモルツ 香るプレミアム セット 350ml×12本入

などは「この夏にしか飲めない特別なプレモル!」
というキャッチフレーズで、国産ビール人気ランキングの
第一位
です。

(2016年7月)

上面発酵で醸造した、夏にふさわしい
爽やかな香りと伝えられており、

まさにこの夏しか飲めない特別な
プレモルと聞けば、

1度はは飲んでみたいと思ってしまうのは、
ビール党ユーザーの心理ですね。

また、お中元で送るのならこういった
プレミアム感のあるものなら、

相手にも喜ばれる贈答品となります。

有名リーカーショップ「リカマン」で調べた
価格では、

サントリー ザ・プレミアムモルツ香るプレミアム350ml

12本入りで 2980円
48本入りで 10900円
 (送料込み、税込み)


となっています。

1本の価格を算出すると、

12本入りなら約248円
48本入りなら約227円
  (送料込み、税込み)

となり、本数の多いセットになるほど、1本の
単価は安くなっています。

割と消費期限が長いものですから、
まとめ買いをするとお得感がありますね。

しかも限定品ですから今しか買えない、ならば・・・。

 


他のビールでは、圧倒的に知名度の高い国産ビール

アサヒスーパードライ

が人気です。

中でも、

アサヒビール スーパードライプレミアムビールセット 350ml×12缶

アサヒビールスーパードライプレミアムビールセット

こちらのビールは、国産ビール人気
ランキング上位を独占しております。

税込 2,779 円前後の価格です。

1987年から発売されたこのビールは、
超ロングセラーのビールとなっています。

もうすぐ発売以来30周年となる
アサヒスーパードライは、今や国産
ビールの代名詞としてなくてはなら
ないビールと言えるでしょう。

他のメーカーでは、

サッポロの「エビスビール」
キリンの「一番搾り」などが人気のブランドとなります。

 


いろいろなメーカーのビールを飲んでみたい、飲み比べてみたい
というかたには、

ビール飲み比べセット

と言うのもあり、人気のビールセットの1つです。

ハイネケン プレミアムモルツ 黒ビールなど ビール飲み比べセット

これらは国産ビールの人気ランキングで
見つけることができますので、ぜひご利用ください。

topに戻る

最新のビール(国産)人気ランキングをチェック!

ビール(国産)の売れ筋や人気・セットを
探している方は、

ここまでの人気ランキングの商品を
探してみてください


こちらからビール(国産)人気ランキング最新結果
ご覧いただくのが1番です。↓



最新ビール(国産)の人気ランキングを登録して
おくと毎年の新しい人気ビールを見つけることも
できますし、

お得なセット購入企画なども早く見つけることが
できます。

ビール(国産)の人気ランキング結果
確認しましょう!

※「未成年者の飲酒は法律で禁じられています」

topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加