おすすめのカーナビランキング2017〜2018〜や最新売れ筋メーカー人気通販

 

●みんな損してる!?新車ディーラーの車下取り価格でだまされている!!

 

 ↓クリックしてかならず見ておいてください。

 

カーナビの人気ランキングと人気機種やおすすめメーカー

カーナビ選びなら
最新のカーナビの人気ランキング
で今人気のカーナビを素早く見つけてみましょう!

売れ筋ランキングを御覧いただく
前に、

このページではおすすめのカーナビ
人気メーカーの機能や注目の機種・
型番などについて詳しく解説してみました。

カーナビの種類にはどんなものが
あるのか?や

人気メーカーや機種をピックアップして
解説していますので、

ぜひ最後まですべて読んでみてください!

きっとランキングでカーナビを選ぶ際の
参考になると思います。

(ランキングの入り口はこのページの
一番最後にあります)

ランキングの入り口は↓

カーナビの種類

カーナビの種類について説明します。

車に設置する位置や場所別で言うと

  • ポータブルナビタイプ
  • オンダッシュタイプ
  • インダッシュタイプ

タイプに分かれます。

ポータブルナビタイプ


ポータブルタイプのカーナビ

カーナビ本体の取り外しができて、
車外に持ち出して使ったりもできます。

ですから、歩きながらの
ナビゲーションもしてくれたりと便利です。


オンダッシュタイプ


オンダッシュタイプ

モニターをダッシュボードの上に設置するタイプです。

ナビユニットとモニターは別々になっています。
モニターをつりつける選択肢が自由にでき、
今使っているオーディオなどをそのまま使いたい
ときには役に立つタイプです。

インダッシュタイプ


インダッシュタイプのカーナビ

ダッシュボードにある、「2DINスペース」に取り付けるタイプ
になります。

ダッシュボード内にすっきりと収まるので、見た目は
一体感があって恰好よくなりますし、

フロントガラスの視界も妨げにならず安全面でも
優秀です。

ほとんどの機種で、オーディオとDVDやTVそして
ナビ機能がオールインワンになっています。

さらに、
  • ジャイロセンサー
  • ルート学習機能
  • 多数GPS補足機能(みちびき・グロナスなどが捕捉)
  • テレビ付(ワンセグ・フルセグ)
  • テレビ録画
  • SDカード仕様

などの便利な機能があるなしによって
選ぶこともできます。

topに戻る

カーナビのおすすめメーカー別ベスト3はこれ!

これからカーナビを購入しようと
考えている方に向けて!

ユーザー様に目的別でおすすめしたい
3機種のご紹介をします。

まずは柔軟に対応してみる


カーナビ購入前に、ご自身がどんな
カーナビが良いのか?必要なのか?

を良く考えてみてください。

実は意外とカーナビは、製造メーカーに
よって方向性があります。

操作も違いがあります。

前もこのメーカーだから今回もこのメーカー

という方もいます。

それも操作性が似ているから
良いかもしれません。

でも、他メーカーでも良いものが
あるかもしれません。

操作性は、使えば自然に慣れる
のも事実です。

大画面シリーズ


2017年に注目されているポイントは、
やはり大画面化!。

各社、大画面に見えるように、成るように
企業努力しています。

今回は、このことを意識しながらも、
目的別で私がベストと思う機種を
3つ紹介します。

Panasonicパナソニック Strada(ストラーダ) CN-F1D

クリックで拡大↓

Panasonicパナソニック Strada CN-F1D

おすすめの大画面9V型最新モデルです。

通常インダッシュサイズでは、
9インチの画面は入りません。
(最近では9インチまでインダッシュ設置が
可能になった車種が多くなりました。)

ところがこちらの「Strada CN-F1D」は、
インダッシュに収まる工夫がされています。

Panasonicパナソニック Strada(ストラーダ) CN-F1Dは大画面9V型でありながらそれ以下のインダッシュボードにも設置ができる工夫がされている

上の画像のように、モニター部分を2DINサイズ
の手前側にあえて出すことにより

9インチの大画面と見易さ、そして操作性を
向上しています。

とにかく、

大画面をインダッシュで設置したい

方には、業界初の商品をおススメします。

現時点でのナビに必要な機能は、
他メーカー同様に網羅されています。

専用ドライブレコーダーの接続も可能に
なっております。

もちろん、最近の必需品ともいえる

VICS WIDEやAndroid AUTO

も備えています。

VICS WIDEとは


ここで、VICS WIDEとはなんでしょう?
というのをご説明します。

今までは、VICSにて渋滞の情報を
キャッチして知らせてくれるというのが
主な目的でした。

VISC WIDEになるとリアルタイムに
渋滞情報をキャッチして、ナビが
ルートの変更を瞬時に行えるように
なっています。

変化する道路状況をナビがキャッチ
して快適なルートを随時更新・変更
して表示・案内してくれるまでに

進化したのが「VICS WIDE」です。

Android AUTOとは


もう一つの解説は、Android AUTOという機能です。

USB接続されたスマホとナビが、アプリで
連動できるというものです。

例えば、スマホで目的地を調べて、
そのままナビに情報を送信したり出来ます。

また、スマホをナビのリモコン代わりに
したりも出来るようになります。

このようにアプリが、ナビとスマホを
連動させることができます。

今では、無料のアプリがメーカーからも
出ていますしgoogle等からも沢山出ております。

ディスク


Strada CN-F1Dは「ブルーレイ対応」でも有ります。

パナソニックStrada CN-F1D公式サイト動画解説




注意点


ただ、購入に際しまして、一つだけ注意して
いただきたい点がございます。

それは、モニターが外に張り出していることです。

つまり、対応車種が、普通のナビよりも限定されて
いることです。

とはいうものの、

現時点では、255車種公式適合してます。

最新の対応非対応は公式サイトを
ご確認ください。


価格


私の調査によると、130,000円くらいの
販売価格になっております。




ケンウッド MDV-Z904W(7インチワイド)とMDV-Z904(7インチ)

ケンウッド MDV-Z904W(7インチワイド)とMDV-Z904(7インチ)


クリックで拡大↓(MDV-Z904W 7インチワイド)

ケンウッド MDV-Z904W(7インチワイド


クリックで拡大↓(MDV-Z904 7インチ)

ケンウッド MDV-Z904 7インチ

とにかくナビの処理速度が早い機種

が良いという方には、ケンウッドをおススメします。

その名も彩速ナビ

最新モデル

  • MDV-Z904W(7インチワイド)
  • MDV-Z904(7インチ)

です。

最速でなく、彩速ということにメーカーの志向が
有るので、注目して欲しい部分でも有ります。

それは、ただ早いのではなく、彩りと音質を意識して、
且つ業界の中でナビの処理が一番早いということです。

ナビとしての機能は、ほぼ他メーカー
同様に網羅されています。

ケンウッドは、心臓部のコンピューター部分が、
デュアルコアに成っているので処理速度が、
他のメーカーに比べて格段に早いです。

また、元々ケンウッドの心情ともいえる
音声部分も、ハイレゾ対応になっています。

これも魅力で御座います。

もちろんVICS WIDE、Android AUTOも
備えています。

臨場感ある音声で、処理能力に長けて
いてストレスなくナビをご使用になりたい方
には、この機種をおススメします。

ハイレゾとは


ここで、ハイレゾとは、どんな機能でしょうか?
というのをご説明します。

ハイレゾリューション、略してハイレゾ。

CDの持っている情報量よりも、より多くの
情報量が入っております。

スタジオにて録音した生の音源に近い状態で
再生されますので、より臨場感あふれた
音声が再現されることを言います。

ハイレゾ音源は、インターネットで手軽に
購入できる身近なものでもあります。

ケンウッドは、この機能が備わっております。

JVCビクターと合併したことにより出来た
機能でもあります。


価格


私の調査によると、MDV-Z904Wと
MDV-Z904ともに、100,000円くらいの
販売価格になります。




Panasonic(パナソニック) ゴリラ CN-G1100VD ポータブルおすすめ

クリックで拡大↓

Panasonic(パナソニック) ゴリラ CN-G1100VD ポータブルタイプのおすすめ

業界シェアトップクラスのPanasonic ゴリラは、

インダッシュが出来ない車や、取り外しても使い人

におススメ。

特におススメなのは、CN-G1100VDです。

ポータブルタイプでは、数少ない
「VICS WIDE」が装備されている
モデルです。

インダッシュのようなフルセグは、付いて
いませんが、ワンセグは付いております。

ダッシュボードの上やコンソール周りに設置
するので、ご自身の使いやすい、見やすい
ところに設置もできます。

インダッシュのような上質な音声等には、
欠けるかもしれません。

しかしながら持ち運べるメリットもあります。

そして、他のメーカーよりゴリラは表示が
大きくなっているので、画面が結構見やすい
機種でも有ります。

持ち運び便利で、VISC WIDEに対応している
ポータブルナビということで、CN-G1100VDを
おススメします。

価格


私の調査によると、55,000円前後の販売価格です。



 


番外編

ここまで3つのおススメを今回候補に
挙げたのですが、

他の型番やメーカーで違った角度から
見たおすすめポイントをご紹介しておき
たい商品が御座います。


カロッツェリアの楽ナビAVIC-RL900

クリックで拡大↓


カロッツェリアの楽ナビAVIC-RL900

クリックで拡大↓

カロッツェリアの楽ナビAVIC-RL900 RW900 RZ900 RZ700

特徴は、8V型のかなり大きい画面です。

カロッツェリアは、ナビでは老舗メーカーです。

楽ナビ自体は、非常に扱いやすい特徴を
持ってもいます。そこそこの機能でとお考えの
方にはおススメです。

また、音響に関しては非常にこだわっている
会社でもあります。

カロッツェリアは、アンプ・スピーカーでも有名です。

私の調査によると90,000円前後と最新機種
では、比較的リーズナブルな価格でもあります。




ユピテルのYERA YPF7530

クリックで拡大↓

ユピテルのYERA YPF7530

もう一つは、ユピテルのYERA YPF7530
というポータブルナビです。

レーダー探知機等で有名なメーカーです。

必要最低限のナビとしては良いと思います。
7インチのモニターで価格も37,000円くらいと
リーズナブルです。

ユピテル公式サイトYERA YPF7530 動画解説







クラリオンのカーナビ

クラリオンのカーナビでお勧めしたいのはこちら。

NXV977D Smart Accessリンク 9型 HD 地上デジタルTV/DVD/SD メモリーAVナビゲーション

クラリオンのおすすめカーナビ NXV977D Smart Accessリンク 9型 HD 地上デジタルTV/DVD/SD メモリーAVナビゲーション

高画質


立体感のある「高精細9型HDディスプレイ」
は一番のおすすめポイント。

クリックで拡大↓

クラリオンのカーナビNXV977D「高精細9型HDディスプレイ」の画面

1280×720ドットの高精細HDディスプレイ採用

により、大画面の隅々まで
鮮明に映り、DVD鑑賞には
最適です。

24bit/1677万色のフルカラー表示で、
地デジや動画の美しさもさることながら、

カーナビとしての地図も背景色や細かい道
まで緻密に描画し、文字もくっきりと
見やすく表示します。


価格的に高額な方ということで
ベスト3に入れていませんが、

「画面の美しさ」はどのカーナビよりも
ピカ一です!

※クラリオンカーナビNXV977D公式動画


ちなみに。。

クラリオンのナビといえば以前は「バイク用
カーナビ」がありました。(今は製造していません)

バイク用ということでポータブル(小型タイプ)
になっていて、取り付け器具もしっかりと
用意されいて、当時は最先端のナビとして
人気でした。

車用のカーナビも 他のメーカーと遜色ない
タイプが揃っていますが、若干価格面で
高くなっているようです。

高価格を実現するため、他社と画質に
おいて高性能化による差別化をしています。



クラリオンカーナビ公式サイト

まとめ


実は、ナビを製造しているメーカー毎に
特色に違いが有ります。

ただ、ナビ本来の機能は各社の標準は、
近寄ってきても居ます。

そこで今回は、

  • @とにかくモニターが大きいほうが良い
  • Aナビ表示が速いのが好き
  • B車だけで使うのは、勿体無いから持ち運べるのが良い

の3点を優先的に考えて絞りこみました。

この3つの特徴に絞って私のおススメの
3機種をご紹介させていただきました。

topに戻る

おすすめの新しいメーカー「ドリームメーカー」のPN905A PN710A 9・7インチ液晶ポータブルナビフルセグ・ワンセグカーナビがランキング1位!

カーナビ業界に新しい旋風


今までの人気主流メーカーといえば、

  • パナソニック
  • カロッツェリア(パイオニア)

などが人気でしたが、

今、カーナビの業界図は大きく変わって
います!

2016年5月現在、今まではあまり売れ筋
ランキングでは見たことも聞いたことも
なかったメーカー

「DreamMaker(ドリームメーカー)」

というブランドのポータブルナビ2タイプが
楽天市場やヤフーショッピングでランキング
第1位を独占しています!

今回はこのドリームメーカーの2タイプ
のポータブルナビ

PN905A
PN710A


をご紹介します。

「ドリームメーカー」PN905A 9インチ液晶タッチパネル ポータブルナビ フルセグ カーナビ

「ドリームメーカー」PN905A 9インチ液晶タッチパネル ポータブルナビ フルセグ カーナビ トラックが通れるルート検索

価格 36,800円 (税込)送料別

(製品の最安値情報はこのコラムの最後を御覧ください)

この機種が売れている理由を調査
してみました!

ナビの命!地図が「ゼンリン」


地図製作業界の「ゼンリン」の2016年春
最新地図がナビに搭載!

頻繁にドライブを行う方には地図情報は
カーナビの命となります。

幹線道路や有料道路の追加内容が
しっかりと。

しかも製作があの「ゼンリン」ですから、
信頼性も抜群です。

さすがゼンリン! SA ・ PA・道の駅 詳細情報追加


施設情報ではSA ・ PA・道の駅の駐車場
やトイレなどの情報までを表示できます。

とにかくドライバーがすごい!と喜んでしまう
機能を搭載。

トラックモード トラックが通れるルート検索(PN905Aのみ)


なんと!車両情報(車高・車幅・重量)をナビに
入力すれば、その車両が通行できるルートのみ
を案内してくれます

今までのカーナビなら車両の大きさやタイプ
に関係なくルート案内をするのが当然でしたが、

この機能があると「ルート案内をされたけど
通れなかった汗」 と言うようなことがなくなります。

ですのでトラックや大型車両のドライバー方には
特に人気が高いポータブルナビです。

車両情報はかなり細かい設定ができるので、
出発から到着までをストレスなくサポートして
くれます。

新時代の幕開け。 9インチ液晶タッチパネル画面(PN905A)


時代は9インチへ。タッチパネルも最近では
必須となってきました。

ただし、画面の大きさに関してはフロント
ガラスの視界を気にする方には7インチが
おすすめでしょう。

「ドリームメーカー」PN710A 7インチ液晶タッチパネル ポータブルナビ ワンセグ カーナビ

「ドリームメーカー」PN710A 7インチ液晶タッチパネル ポータブルナビ フルセグ カーナビ るるぶ観光データでルート検索

価格 14,800円 (税込)送料別

(製品の最安値情報はこのコラムの最後を御覧ください)

安全運転にもひと役


  • 事故多発地点案内
  • オービス案内
  • 一時停止案内
  • 取り締まりポイント案内
  • 踏切案内
  • 休憩案内
  • ライト点灯案内
  • 急発進案内
  • トンネル案内

これらの案内も運転中にナビがアドバイス。

レーダー探知機も顔負けのポータブルナビです。


高感度外付けロッドアンテナ付(PN905Aのみ)


外付けのロッドアンテナが2本あります。

PN905A ドリームメーカー ポータブルナビ 外付けのロッドアンテナが2本

これがあると受信感度はかなりアップします。


フルセグもワンセグもある。自動切り替えも可能(PN905Aのみ)


ドリームメーカー ポータブルナビ PN905A フルセグと収納式アンテナ

外付けのロッドアンテナと別に地デジ用の
収納式アンテナを装備。

(PN710Aはワンセグのみ。収納式アンテナは
付属)

「るるぶ観光データ」でルート検索可能(PN710Aのみ)


「るるぶ」といえばホテルや旅館、観光地など
を専門に紹介している雑誌やインターネット
情報サイトです。

るるぶに掲載された観光地6万件を
カーナビに搭載し、

その情報から目的地のルート検索を
行うことができます。

↓るるぶ観光検索動画



注意 PN905AとPN710Aは画面の大きさ
以外に搭載機能に若干違いがあります。

比較表で確認してください。

PN905A

PN710A

2016年春版ゼンリン地図データ

液晶タッチパネル画面

9インチ

7インチ

選べる地図表示方法

トラックモード搭載

×

あんしんの安全運転ガイド

16段階の地図縮尺

DC12V&DC24V対応

高感度外付けロッドアンテナ付

×

ゲル状吸盤スタンド付属

×

吸盤スタンド付属

×

るるぶ観光データ

×

テレビチューナー

フルセグ・ワンセグ

ワンセグ


年々新しい型番が出ていますので、
現在の最新情報をご覧ください。



topに戻る

人気はポータブルナビ「カロッツェリア(パイオニア)楽ナビ AVIC」 

では、基本の3つのタイプ、

ポータブル・インダッシュ・オンダッシュ

このうちランキングで一番人気のあるタイプが、

ポータブルナビタイプです。

ポータブルナビは、車から取り外しが
可能で、街中でも歩きながらナビゲーション
できるという便利さがあります。

ではおすすめのカーナビのメーカーと型番
をご紹介します。

「カロッツェリア(パイオニア)楽ナビ AVIC-MRP099/MRP088」


カロッツェリア(パイオニア)楽ナビ AVIC-MRP099/MRP088

パイオニアのカーナビのお勧めは「カロッツェリア」です。

高価格の順から、
「サイバーナビ」「楽ナビ」「エアーナビ(生産中止)」
の大きく2つのタイプがあります。

上の画像は「カロッツェリア(パイオニア)楽ナビ AVIC-MRP099/MRP088」
ポータブルナビ
です。

車への取付けは、オンダッシュタイプと同じような取付け
です。

カロッツェリア(パイオニア)のカーナビ「楽ナビ」は人気
ランキングでは、さほど上位にはでてきていません。

その理由として、「高額」なタイプのカーナビのため
売上数が少ないためと考えられますが、

決して人気がないわけではなく、
機能を優先する方には売れているカーナビです。

その人気の機能のひとつに「ふれずに使えるナビ」という
ものがあります。

動画解説↓(音が出ます)


他に「お出かけランチャー」機能があり、手を
画面に近づけだたけで、よく使うカーナビの
画面のボタンが、浮かんで出てくるもので、

これらの機能は、運転中のカーナビ操作で、
視線が出来る限り前方から外れないような
施策として有効なものでもあります。

3年間地図更新データ無料

3年間の最新地図データバージョンアップ
が無料で付いています。

●使用感や目的参考レビュー

この値段にしては十分な機能が備わっていると思います。フルセグ対応で不満なしです。

受信感度は最高で都市部ではほとんど(というか全く)途切れることはありません。

妻が主に使用していますが、女性でも比較的簡単に一連の操作ができるようですし、おすすめできる商品だと思います。

本体は余分なボタンが無く、すっきりしたデザインです。地図更新は、3年無料で長いです。

薄い、軽いのでトラック特有の空車時のバウンドを食らっても振動でアタッチメントや接続部分が壊れる心配が無く安心です。

☆改善希望点

エアジェスチャーは、正直微妙です。 以前の、音声コントロールの方が良かったと思いました。





AVIC-MRP099とMRP088の違いは、モニターの大きさで、
AVIC-MRP099が7V型、AVIC−MRP088が6.1V型になっています。

他の種類として、
フルセグとワンセグの違いがあります。

これは、TVの映像がワンセグよりフルセグの方が
綺麗に映るということです。

人によってはあまり違いを気にしない方もおられます。

しかしながら、ワンセグとフルセグでは同じメーカーで
よく似た機能のカーナビでも価格に1〜2万円前後
の差がでているようです。

また、受信状況ではフルセグは受信されない場所が
あったりした場合、自動的にワンセグに変更されます。

ワンセグは映像はフルセグに劣りますが、広域な受信が
可能な周波となります。

もう1点、「オーディオ一体型」というタイプがあります。

インダッシュタイプはほとんどがこのタイプで、
すべての機能が、「2DINスペース」に収まり

前方への視認性も、インテリアの統一感も
高いタイプのカーナビです。

topに戻る

絶対おすすめ!ポータブルナビで最強パナソニック「ゴリラ」

ポータブルナビのカーナビで人気おすすめ
メーカーと型番をもう一つご紹介しておきます。

それが、

パナソニックのカーナビ

です。

お勧めはおなじみの「ゴリラ」です。

ポータブルタイプで、新しく「デカゴリラ7型画面」
が登場しています。

デカゴリラ7シリーズ CN-GP747VD


2014年にもおすすめのカーナビとしてご紹介した、

パナソニックのゴリラシリーズ

の最新版です。


デカゴリラ7シリーズ CN-GP747VD

デカゴリラ7シリーズ CN-GP747VD



ゴリラシリーズ最高峰!ドライブカメラ搭載の7V型。

標準でドライブカメラが搭載されたゴリラ7シリーズ CN-GP747VD

ドライブレコーダーはいわるゆ走行中の状況を
カメラで録画するもので、車の事故での状況
なども録画されるため証拠としても活躍します。

搭載されている機能、スペックは御覧のとおり!

クリックで拡大↓
デカゴリラ7シリーズ CN-GP747VD スペック

地図更新はパソコンからマイクロSDカード8ギガに
保存するだけの簡単更新です。

ドライブカメラが必要なければ
CN-GP745VDが、

さらに渋滞状況を教えてくれる
FM-VICSがないものとして
CN-GP740Dがあります。

動画解説も御覧ください!


SSD16GBで「小型」「高速化」

ハードディスクにはすべての型番で、

SSD16GB

が搭載されました。(2017年10月)

パソコンでも昔のハードディスク
「ディスク書き込み型」から、

新しく開発された「SSD化」は進んでおり、

「小型化と軽量化、そしてアクセスの高速化」

と3拍子揃ったメリットを持ち合わせます。


住所検索や主要施設 検索、周辺ジャンル
検索などの情報が満載です。

音楽や動画の保存にも大容量なら便利です。

地図更新無料サービス

ゴリラシリーズに関しては、ナビゲーション
本体の販売開始から最大3年間は
無償で道路情報を更新できます。

さらに最新の道路情報を2か月ごとに
更新されているので新規に開通した
道路も早い段階でマッピングできます。

参考 ・パナソニックゴリラ無料Web地図更新はこちらから

ちなみに、他の機種(Strada)においても
1年から3年の更新地図データダウンロード
無料がついています。


●使用感や目的参考レビュー


オンダッシュ型王道のデザインです。まったく問題ありません。

みちびきやグロナスなどのGPS、ジャイロセンサーがついていて位置表示はかなり正確です。

地図のアップデートも三年間無料ですので安心して使えます。

ゴリラは内蔵のゴリラジャイロで、クルマが向きを変えたり、加速&減速したり、道路の傾斜等を判断できるため、トンネルや高速道路の高架下など、GPSの電波をキャッチできない道でも、ある程度正確に測位できます。

☆改善希望点

取り付け作業灯は満足でしたが、軽トラックに着けて走行中振動で「エアコンルーバー」が折れて落下、エアコンルーバー修理後、今度は落下防止チェーンを付け使用中。







使用感レビューでは、付属機能の「カメラ」の映り具合
に不満がる方がおられます。

それに対して、「このカメラはドライブカメラであって
ドライブレコーダーではありません。」というレビュー
もあり、

カメラに関してはどう選択するか?はポイントの
1つとなりそうです。

※参考 ・Panasonicカーナビ公式サイト

topに戻る

みんな損してる!?なぜ新車ディーラーで簡単に車の下取りをしてはいけないのか?

車のことに詳しい人や、車業界の人間は、

車の買い替えをする時や、
今乗っている車を手放す時は

「上手に車を売却」

するために

「必ずやっていること」

があります。

これを知ってるか?知らないか?では、

「あなたのお財布に残るお金」が
大きく変わってくることは間違いありません。

その方法は、そんなに難しい話ではなく
どんな人でも簡単にできる方法でした。

最初、私もそれを知らなかった時に、
出会って知った、

最も参考になると思うその方法や、
実際に体験された話が書かれている
ページをご紹介しておきますので、

是非参考にしてみてください。
クリックしてください↓

車を売る時に最も気をつけておきたい損をしないための手順とは?

topに戻る

カーナビ人気ランキング総合で今人気のカーナビを見てみよう!

こちらから最新のカーナビ人気ランキングを見ることができます。



人気の高いカーナビは圧倒的に
ポータブルナビのタイプです。

価格帯は1万円台から2万円台が中心です。

以前と比べるとかなり値段がこなれてきています。

ぜひ人気ランキングを参考に利用してください。

2017年以降の2018〜2019〜でも最新に更新
されたリアルランキングがご覧いただけます。

topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加

カーナビ人気ランキング2017〜2018〜やおすすめメーカー機能通販一覧関連情報

カーナビのおすすめ最新情報〜2017年
人気のカーナビをピックアップしたおすすめ情報です。パナソニックゴリラやクラリオン、カロッツェリア(パイオニア)など。