値段を度返しして購入したシングル羽毛布団の口コミ。近い年齢の方にぜひ読んでいただきたい体験談です。

●当サイトへようこそ!「目的の記事探し」「キーワード検索」で簡単・便利です!(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)



著者担当 ランキング調査隊

暖かさをしっかりとキープできる間違いのない羽毛布団を見つけて購入した体験談です。

羽毛布団の選び方

を考えたとき、迷う部分がいくつか
あると思います。

特に初めて羽毛布団を購入する方は、

  • 価格帯
  • 中の詰め物
  • 重さ・軽さ
  • 人気のあるショップ

など、割と高額な商品ですから
選び方には慎重になりたいところです。

私は最近になって初めて、
羽毛布団を購入しました。

実際に購入するまでに、

これを買ってみよう!

と決断して選ぶまでいくつかの
ポイントがありました。

これから掛け布団を羽毛布団にしてみよう!

とお考えの方は、

私が選んだ掛け布団の体験談
が参考になると思いますので、

ぜひ最後まで読んで見てください。

 



 

みなさまこんにちは。羽毛布団の体験談をご紹介しています、「ポッチャマ」です。よろしくお願いします。50歳を過ぎ、今までの掛け布団では寒さをしのげなくなった私が選んだたった1つの羽毛布団はこうやって決断しました!その時の選び方を中心にお話ししています。



初めに。「年齢と引っ越し」寒さが応える悪条件が重なり

現在私は51歳です。

1年前に引っ越しをしました。

その地域は今までより「寒さが厳しい」
ところです。

実は「暑さに強い・寒さに弱い」
私なのですが、5年も前なら、

夜の冬の寒さも今までの寝具で
問題なく過ごせていたのですが、

年齢的なものと寒い地域に引っ越し

のダブル要因で去年の冬は、

寒さに耐えれる限界ギリギリの夜

が毎日訪れ、体調を崩すくらいの
かなり厳しいものでした。

それ以来、次の冬には何か対策を
しなければいけないと強く感じていました。

topに戻る

寝具の悩みが解消するきっかけは「旅行先での羽毛布団」

2017年3月の旅行の宿泊先でひらめいた


2017年3月に小学校当時の同級生数人と、
千葉県へ1泊2日の旅行に行きました。

私たち同級生は京都出身なのですが、
同級生の1人が千葉県に住んでいたため、

「観光案内」をしてもらって楽しく過ごそう、
ということになりました。

その旅行での宿泊先で用意されていた

敷き布団と掛け布団

は、私が今まで見たことも、使ったことも
ない寝具でした。

「敷布団」はなんだか割と厚みのある
ふかふかしたものでした。

そして、「掛け布団」は「羽毛」が使われて
いるもので、「すごく軽い」
ものでした。

「羽毛布団」などは1度も使ったことがありませんでした。

実際に敷布団に寝てみて

「なんだかふかふかして頼りないな笑」

そして、「掛け布団」を羽織ってみて、

「えらく薄くて軽い。これで寒さをしのげるのか?」

と感じたのが最初の印象でした。

ところが次の朝、その寝具を使って就寝した結果、

なんと、

  • 体が全く痛くない
  • 体がホカホカしている

という、今までにない初めての経験を
したのです。

「これってもしかして寝具のおかげで?」

ということに初めて気づくことができたのです。

「羽毛布団にはびっくり」


実は私は、「寒がり」です。

寝るときに寒さをしのぐ方法は、とにかく

「毛布や掛け布団をたくさん羽織る」

という方法でした。

「羽毛布団は温かいよ」という話をよく
聞いていましたが、

「結局何を使ってもそう変わらないだろう」

と思い込んでいました。

しかしこの旅行で、「羽毛掛け布団」を
初めて使ってみて、

「これはすごい!」

と実感しました。

「こんな薄っぺらい掛け布団なのにこんなに暖かいなんて」

それを知らなかった自分に正直少しショックでした(-_-;)

topに戻る

「ダウンとフェザー」私にとっての黄金比率と詰め物の重量

旅行先での就寝を体験して、
初めて「寝具の大事さ」が
わかり、

「家に帰ったら寝具を買い替える準備をしよう」

と決断。

まずは、使ってみてよかったこの2つの寝具の

メーカーや素材

を調べて見ました。

羽毛布団の中身


まずは羽毛布団の製品タグを調べてみました。

クリックで拡大↓





メーカーは、、、

「全日本寝具寝装品協会」?

となっていました。

これって?つまり、「業務用関係の寝具」
ということのようです。

ネットで調べてみましたが、

「全日本寝具寝装品協会」で販売されて
いる、一般に購入できるような寝具は見つかり
ませんでした。

しかし、重要なヒントとなるデータは
この製品タグでわかります。

  • ダウン70%
  • フェザー30%

この「比率」なら私にとって、

十二分に暖かい寝心地が得られる

ということがわかりました。

この「比率」で他のメーカーの「羽毛布団」を
探せばいいわけです。

ちなみにダウンとフェザーの違い
についてはこちらで解説しています。↓


そして「詰め物の重量」もわかります。

タグには

1.4キログラム

と書かれています。

この数字も暖かさを求める上で
重要なことがわかりました。

topに戻る

実際に購入した羽毛布団は最高でした。

春先の旅行の羽毛布団の体験を
元に、

ダウン70パーセント以上

の詰め物を探してみました。

そして見つけたのがこちらの
2つの羽毛布団です。

ホワイトダックダウン93%

ダウンが93%!これだけあれば
いうことナシです。

逆に「暖かすぎやしないか?」と心配
したくらいです(;'∀')

そしてお値段ですが、

価格 10,648円 (税込 11,500 円) 送料無料

この価格は他の羽毛布団から見ると
破格の安さのようです。

(実際に買ったのはこれより少し高い
詰め物が多いものです。実際の製品
の詳しい画像などを掲載したページは
この後にページリンクがあります。)

購入ショップ


頑張る家具屋タンスのゲンさん

です。

私は楽天市場の羽毛布団の
週間ランキングを参考にしましたが、

私が見たときは1位から4位までの
ランキングを「頑張る家具屋タンス
のゲン」さんショップが独占していました!

これはすごい人気ショップです。

購入の決め手


購入者レビューです。

ランキング上位を独占している
羽毛布団だけあって、

その数5,271件ものレビューがありました。
(2017年9月)

その中から一部抜粋すると、

●購入者レビュー

・購入して数ヶ月たちました。カバーの中でも偏らず、安心して眠れました。暖かさもこのお値段なら十分だと思います。

・薄いけれど羽自体がふんわりしているので暖かい

・真冬は毛布と併用、夏以外の季節はこちら1枚で十分

・2Kg近い重量のポーランド産マザーグース羽毛を16万円とかで買うのもいいですが、こういった安い羽毛でも暖は同じく取れる

・十分ふんわりとしており弾力もあって良い

・リフォーム券も同梱して下さったのと日本製なのが何より安心

・余りの軽さに押入れにしまうのも全く苦ではありません

・どこのお店でみても2万円くらいはするのに、この価格に、まずビックリ!!

・ホワイトダックダウンだし、7年保障だし、実際に届いたら、ふわふわで軽くて温かい

・一晩祖母に使って貰い、翌日どうだったかと問うたところ「軽くてあったかい!ベッドからずりおちなくて全然寒く無かった!ありがとう。」と大変歓喜

・15年前の羽根布団より明らかに軽い。

・臭いが気になるとのレビューが多かったのでそれだけが心配でしたが、開封直後も使用してからも全く臭いませんでした

・開封しても通販に良くある石油系の匂いなど全く無く即利用出来る高品質商品

〇ちょっと残念に近いレビュー

・ふわふわしていますが、思っていたよりボリュームは少なかったです。

・冬場は少し頼りない(春、秋は最高ですよ)この値段ですから割り切りが必要

・開封時、羽毛特有の匂いはありました



たくさんの購入者レビューを読んで見て、
結論として、超高級羽毛布団では、

  • 詰め物が多い(中身のダウン・フェザー比率は別として)
  • だから重量が重たい
  • だから分厚い
  • 分厚いから暖かい

という特徴があるようですが、

今回購入した羽毛布団は、

  • 結果的に詰め物は少ない(ダウン93%)
  • だから軽い
  • だから薄い
  • それでいて暖かい

ということで間違いないのかなと
感じます。

特に、今までまったく羽毛布団を使って
いなかった方には、私が経験したように

綿の掛け布団とは比べ物にならないくらい、すこぶる軽くて暖かい

はずです。

そして、昔ながらの羽毛布団を使って
いた方は、良い意味でも悪い意味でも

薄くて軽い

と感じるはずです。そして暖かさは
そう大差はないというレビューも多いです。

冬場物足りないならもう1枚毛布を


万が一、山間地域で冬場市内よりもやや寒い
という地域にお住まいなら、

もう1枚、2枚掛け毛布を使えば問題
ないはずです。

私が引っ越した地域も実は山間にあり
市内より寒いのですが、去年は、

綿掛け布団+綿掛け布団(薄)+掛け毛布+掛け毛布

の4枚掛けても「まだ寒い」状態でした。

それが、この羽毛布団がきてから、

羽毛布団+掛け毛布1枚

で今までより暖かい状態になっています。

重くて詰め物が多い羽毛布団は「暑さ調整」が難しい


逆に考えると、「薄手」の羽毛布団だと
冬以外の時期には暑さ調整がしやすい
はずです。

昔から羽毛布団を使っている私の友人が、

春に羽毛布団をかけていると汗を掻く

と言っていました。

そうなんですね。それくらい羽毛布団は
暖かい素材なんです。

しかし、羽毛布団で汗を掻くなどは、
本末転倒です。それは絶対にイヤです(;^ω^)

でも羽毛布団自体「暖かさの調整」は
できません。

押し入れにしまって、代わりに「綿の薄手の
掛け布団」でも使うしかありません。

しかし、薄手なら「暑さ」はマシなような
気がしますし、冬に掛け毛布と2枚で
使っていたなら、

掛け毛布だけ仕舞って薄手の羽毛布団
のみにすれば言い訳です。

私が経験した春先での「羽毛布団」は
朝起きたとき、体がポカポカして最高に
気持ちがいいですよ。^^

では実際に購入した、

タンスのゲンさんの羽毛掛け布団

を使っている様子や品質などについて
の口コミを画像付きでご覧ください。↓




topに戻る

まとめ 「掛け布団」と「敷布団」の2つの備えのすすめ

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加

羽毛布団の選び方。私が寒さを解消できた掛け布団はダウン70%が決め手関連情報

敷布団の選び方。50歳過ぎの私が選んでよかった理由と詰め物の違い
50を過ぎて、今までの敷布団では寝心地が悪くなった私が選んだたった一つの敷布団をご紹介します。同じ境遇の方の選び方の参考になれば幸いです。
すごい!発熱する超軽量掛け布団はここで買いたい!
より軽く、そしてより暖かい「羽衣(はごろも)」の掛け布団。超防寒「シンサレートウルトラとフィールサーモ」が発熱&蓄熱するハイテク素材で憂鬱な冬の寒さを乗り切りましょう。
枕人気ランキング2017〜2018〜の動向やおすすめ・選び方
枕が合わない。。そんな悩みのある方も人気の枕を売れ筋ランキングで探してみましょう。選び方やおすすめなど安眠できる枕の調査。
エアウィーヴの枕は洗濯できるの?
ソフトやハードがあるエアウィーヴの枕の洗い方や洗濯できるかどうかを教えます。
敷布団・掛け布団人気ランキング2017〜2018〜やおすすめ・激安の選び方
寝具の中で一番メインとなる敷き布団・掛け布団について、購入を考えているならまずは人気通販売れ筋ランキング2016〜2017〜をチェック。どんな布団が人気かな?3点セットなどもあります。
枕のオーダーメイドのおすすめ 人気通販店なら東京・大阪以外でも
オーダーメイドの枕をお探しですか?いびきや寝付きの悪さが気になる方は自分に合った枕を注文してみましょう。