ボディボードの種類や人気ランキング2016〜2017〜の傾向、機能、選び方、フィン、などについて

●当サイトへようこそ!「目的の記事探し」「キーワード検索」で簡単・便利です!(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)


著者担当 ランキング調査隊

ボディボードの種類・解説と人気ランキング

最新のボディボード人気ランキング

を見れば今の人気のボディボード
がすぐに見つかります!

ランキングをチェックする前に、

このページではボディボードについて
の関連情報をいくつかご紹介して
います。

読んでいただけると、購入の際の
参考になるかと思いますので、

ぜひ最後まで読んでみてください!

ではここからボディボードに関係する
情報について詳しく説明していきます。

最新のボディボードの人気ランキングの入り口は↓

ボディボードってどんなマリンスポーツ?

ボディボードとは?について解説します。

もともとはサーフィンから派生います。

場所はハワイ。
サーフィンは水深が深いところで行いますが、
波打ち際の浅いところでなんとか波を楽しめないか?

という発想から「ボディボード」が発案されました。

ボディボードの人気ランキング2017〜2018〜の流れや種類・機能の解説
※↑こんな感じ!!


その後、
ボードに腹ばいになって波に乗ることから、比較的簡単で
子供から大人まで幅広く楽しむ事が出来る新しいスポーツとして

大ブレイクし、今では日本でも1990年代から、徐々に浸透し
夏のバカンスでボディボードを楽しむ人がたくさんいます。

すでに世界では、競技として世界各国にてコンテストが
開催されるほどになっています。

topに戻る

ボディボードで必要な道具

ボディボードで必要な道具には以下のものがあります。

  • ボード(サーフボードとは形が違う)
  • ボディボード用のボード

  • フィン(足につける波かき)
  • デザインの可愛いフィン

  • リーシュ(ボードと体を結ぶコード。ボードについてる場合が多い)
  • リーシュコード

上の3つの道具はボディボードをする上で、必ず必要です。


topに戻る

ボディボードの選ぶポイント

ボディボードの選ぶポイントを簡単に解説します。

まず「ボード」について。


ボディボードのボードには「サイズ」があります。

ショップでは
インチ表示またはセンチ表示がされており、

それに合わせた適正身長も書かれている場合が多いので、
その表示通りに揃えればいいわけですが、

実際に選ぶときは、ボードの脇に立ってみてボードが
おへそより1-2センチ長いくらいがベストです。

またボードの上で基本姿勢をとりノーズを持ったとき、
ひじが90度より少し開くくらいのボードが合っているボードです。

以下、ボードの長さ、身長、体重の適正イメージです。

インチ     センチ    適正身長 (ベスト)           イメージ体重
36     91.44   148cm〜154cm (150-152cm)     47-49キロ
37     93.98   152cm〜158cm (154-156cm)      50-52キロ
38     96.52   156cm〜162cm (158-160cm)       54-56キロ
39     99.06   162cm〜168cm (164-166cm)       60-62キロ
40     101.6   166cm〜172cm (168-170cm)       64-66キロ
41     104.14   170cm〜176cm (172-174cm)     68-70キロ
42     106.68   174cm〜180cm (176-178cm)     73-75キロ
43     109.22   180cm〜                     78キロ

ボードの長さは大事で、自分に合ったものでないと
「テイクオフ」や「レール」といった技術的なことをこなしていく
場合、苦労することになります。

また
初心者から中級者は「オールラウンドモデル」がベストです。

これは浮力が適度にあってしなりのよいボードです。

これらの点を考慮して、選んでいきましょう。

夏のマリンスポーツらしく、デザインやカラーは
豊富にあるので、そこはちょっとこだわってみて
目立つものや、クールなものなど

あなたの好きなもの選んでみましょう。

ボディボードの人気ランキング2017〜2018〜の流れや種類・機能の解説
※ボディボードにはカラフルなカラーやデザインがあるので楽しみながら選びましょう。

 


次に「フィン」について。


フィンは波に乗る時、スピードを出すために足につける
道具です。

当然ですが、足に合ったサイズを選ぶことが大事です。

小さすぎると足が圧迫されて、いたくなる場合があります。

少し大きめの場合は、「フィンソックス」と言う、フィンを履く前に
装着するソックスのようなものがあり、これで調整ができます。

フィンパッドというのもフィンソックスの代わりができて、
調整が可能です。

ボディボードの人気ランキング2017〜2018〜の流れや種類・機能の解説
※フィンが大きい場合は画像のようなフィンソックスを履いて調整ができる。



topに戻る

ボディボードの人気ランキング一覧

こちらから最新のボディボードの人気ランキングを見ることができます。



人気ランキング、毎年常に最新のランキング
情報が更新されています。

ボード自体の価格は、初級者から中級者用の
人気ランキング上位のもので
3,000円から5,000円程度のものです。

ですが、上級者やボードにこだわる人が買い求める
超人気のブランドやデザイン、有名人プロデュース
が設計したボードなどは、

数万円するものもあり、高級タイプも
結構人気あります。

しかし、高級タイプのボードは上級者向けが多く、
技術が伴っていないと使いにくい場合もあるので、

価格にかかわらず、自分の技術に合ったボードを
選ぶようにしましょう。

他にフィンとリーシュコードを一緒にそろえましょう。
フィンは2,000円から5,000円前後で見つかります。
(フィンにも1万円ほどする高級なものもあります)

マリンスポーツ関連の人気ランキング・最新情報はこちら!

topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加


著者担当 ランキング調査隊

ボディボードの人気ランキング2017〜2018〜の流れや種類・機能の解説関連情報

ラッシュガードの人気ランキング2017〜2018〜の流れや種類・機能の解説
人気のラッシュガードのランキングからお薦めや、種類等について解説しています。
ウェットスーツの人気ランキング2017〜2018〜の動向や種類・機能の解説
人気のウェットスーツのランキングの流れお薦めや、種類等について解説しています。サーフィン、スクバダイビング用など。