10点満点大満足。ソニービデオカメラハンディカムHDR-PJ670の性能がすごかった

●当サイトへようこそ!「目的の記事探し」「キーワード検索」で簡単・便利です!(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)



著者担当 ランキング調査隊

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670の体験談を書いてみました!

こんにちは!「クマママ」です!

息子を妊娠したあと、

SONYのデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670

クリックで拡大↓

SONYのデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670カラーホワイト(白)

を購入しました。

それまでの生活では、デジカメ
スマートフォンで趣味や普段の生活の
動画撮影を撮るくらいで、

本格的なデジタルビデオカメラを
購入しようとは思いませんでした。

しかし、息子が産まれたら、毎日動画や
写真を綺麗に撮りたい!と思い初めて、

はじめてデジタルビデオカメラを
購入することにしました。

使ってみた結論として、

「購入してみてとても大満足」な製品でした!

ではここから、

息子が産まれてから1年と数ヶ月の間、
毎日使い続けた、ソニーのデジタルビデオ
カメラについての

仕様・機能・大満足な点・気になる点

などの体験談をお伝えしたい
と思います。

デジタルビデオカメラ選びで悩んでいる方、
特に小さなお子様の動画を撮りたいと
考えている方の参考になればと思います。

ぜひ最後まで読んで見てくださいね^^

sonyデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670の仕様について

まずは、

sonyデジタルビデオカメラ
ハンディカムHDR-PJ670の仕様

について、特に抑えておきたい
内容をご紹介しておきます。

sonyデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670レンズ側からの撮影

  • 製品名:HDR-PJ670
  • メーカー:SONY
  • 価格:5万5千円くらい
  • カラー2色:ホワイト(他にボルドーブラウンがあります)
  • 画素数(静止画):920万画素相当
  • 画素数(動画):229万画素
  • 画面の操作:タッチパネル
  • レンズカバー:自動開閉
  • 内臓メモリー:32GB
  • 動画記録用の対応記録メディア:マイクロSDXCメモリーカード(Class10以上)
  • プロジェクター機能付き
  • 空間光学手ブレ補正機能付き

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670の購入の決め手


「4K」が気になった


デジタルビデオカメラ選びで最初に悩んだ
のが、

「4K機能をつけるかどうか」

でした。


購入したのは1年以上前になりますが、
当時はもう既に4K機能を搭載した
製品がたくさん売られており、

「数年したらテレビも4Kの物に買い替える
かもしれないから、4Kにしようかな。。」

と何度も迷いました。

しかし、はじめてのデジタルビデオカメラ購入
だったため、4K機能を付けても使いこなせる
自信が無く、

お値段もかなり変わってしまうので、
(もちろん高くなります!)今回は
4K機能は見送ることにしました。

同じく人気メーカーパナソニックとの比較


次に悩んだのが、

「Panasonicのワイプ機能を搭載したデジタルビデオカメラ」

パナソニックデジタルビデオカメラなら、ワイプ撮り。

です。

※動画解説 2つのカメラで同時記録できる 「ワイプ撮り」





この機能は子供を映しながら、親である
自分も映すことが出来るため、

将来子供の想い出になると大々的に
宣伝されていました。(一_一)

最初は心が揺らいだのですが、

「自分の顔を撮るのはちょっと恥ずかしい。。」

と思い、結局この機能は見送りました。

「空間光学手ブレ補正機能」なら初めてでも使いやすいはず!


最後の決め手となったのは、

SONYのデジタルビデオカメラ
ハンディカムHDR-PJ670には、

「空間光学手ブレ補正機能」

が搭載していたことです。

今まではカメラで動画を撮っていましたが、
よく「ガクガク」と手ぶれする事が多かった
ため、

手ぶれ無しで動画を撮れるなら
ポイントが高いなと思いました。

更に、この製品には、

「プロジェクター機能」

が搭載されていて、

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670の特徴。25ルーメンの明るく見やすいプロジェクター機能

「デジタルビデオカメラにプロジェクター機能までついているってすごい!」

ととても興味をそそられました。

「子供が大きくなったら、撮影した
動画を壁にうつして一緒に観れそうだなぁ。」

と思うと、とてもこの機能が欲しくなり、
最終的にはSONYのプロジェクター機能付
のデジタルビデオカメラを購入しました。

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670操作パネル液晶画面

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670使用感 良かった点 気になる点

良かった点と気になる点を箇条書きにしてみました。

「大満足のポイント」


  • 充電したりPCと接続するために使用するUSB端子を、持ち手の部分にスッキリ収納できる
  • デザインがシンプルでオシャレ
  • 折りたたみ部分を広げると、自動でレンズの窓が開き、折りたたみ部分を閉じると自動でレンズが閉じる
  • ピクチャーエフェクトという、色々な雰囲気で撮影できる機能がある
  • タッチパネルが直感的で操作しやすい
  • 勝手にピントを合わせてくれる
  • 手ブレ補正機能で安心
  • 動画撮影中に、写真を撮影する事が出来る
  • プロジェクター機能が楽しい

「少し気になるポイント」


  • 室内使いの場合は良いが、数日間の旅行で使うとバッテリーの減りが気になる
  • タッチパネルのため、パネルが指紋で汚れるのが気になる

まずとても良いなと思ったのが、

充電用のケーブルが本体に付属して
いるのに、気にしなければ見えない
位置に片付ける事が出来る。

点です。

所持しているデジタルカメラなどその他
の電子機器は、充電やパソコンとの
接続のたびに、

コードを引き出しから出して
こなければいけません。

ところが、SONYのこのデジタル
ビデオカメラには、常時USBケーブル
が繋がったままなので、

コードを探さなくてもすぐに
パソコン等と繋げることができます。

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670USBコードが製品と常時連結

このコード、なんとこのように手で
デジタルビデオカメラを持つ部分に
収納する事が出来るんです!

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670USBコードを収納できる

また、あまりゴツイデザインも好きでは
ないので、デザインがシンプルなのも
気に入ってるポイントの1つです。

機能面では、新しいデジタルビデオ
カメラなので当たり前なのかも
しれませんが、

折りたたんだ蓋を広げると、画面が
起動しレンズ窓が自動で開くため、

レンズカバーを外す手間がありません。

更に、ピクチャーエフェクトという、色々な
雰囲気で動画や静止画を撮影できる
機能もあり、

まだ使いこなしきれていませんが、
たまに選択して楽しんでいます。

クリックで拡大↓

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670 ピクチャーエフェクト設定画面

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670 ピクチャーエフェクト「レトロフォト」

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670 ピクチャーエフェクト「パートカラー」

タッチパネル画面


画面はタッチパネルですが、説明書を
見なくてもなんとなく直感的に操作
出来るので、

購入してすぐから使うことが出来ました。

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670タッチパネルで直感的に操作ができる

ボタンを用いた操作だと、上と下に
移動するボタンを使って、

次の項目へ移動するなど、目的の行動を
行うまでに時間がかかりがちですが、

指でさっとタッチするだけなのはとても爽快です。

デジタルビデオカメラを購入したことの
なかった私には、勝手にピントを合わせ
てくれる機能や手ぶれ補正の機能
もとても有難いです。

「フォトボタン機能」


デジタルビデオカメラとして購入した
のですが、とても役に立った機能は
写真を撮影する事が出来る機能で、

ボタン1つで簡単に動画撮影中に
写真を撮ることが出来ます。

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670フォトボタンで瞬時にビデオとカメラの切り替えができる

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670ズームボタンとフォトボタンの解説

このボタンを使用すれば、動画撮影中に
たまたま息子がお座りした瞬間、

はいはいした瞬間、立った瞬間など、
動画撮影中の一瞬の出来事を
写真としても残す事が出来るため
とても重宝しています。

最後に、1番気に入っているポイントが、

プロジェクター機能です。

プロジェクター機能を付けると、
プロジェクター機能の無い製品と
比べて約1万円ほど値段が
高かったのですが、

デジタルビデオカメラで撮影した動画は
もちろん、スマートフォンを繋げば

スマートフォンで撮影した動画も
映すことが出来てとても便利です。

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670プロジェクター機能開始ボタン

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670 プロジェクター機能での画像選択画面

普通ビデオで撮った映像を見るには、
テレビにつなげたりパソコンに取り込む
必要がありますが、

この機能を利用すれば、壁や天井などに
映像を映してさっと観る事が出来ます。

息子が産まれてからは、お互いの実家に
行く機会も多く、そのような機会にデジタル
ビデオカメラを取り出して、

部屋を暗くするだけで、撮影した動画を
皆で観る事が出来、どちらの家族からも
大好評でした。^^

購入してからしばらく経ち、息子が1歳に
近付いてからは、水族館などへ遊びに
行った後、

帰ってきてから息子と一緒に動画を
観ることもあります。

家の壁紙を白にしているので、天井でも
壁でもどこにでも映像を映すことができて、
とても楽しいです。

バッテリーの減り


タッチパネルなので指紋なのが残り
やすい事、旅行中何度も何度も
連続して起動していた時に、

少しバッテリーの減りが気になるなどの、
気になる点はありましたが、

それよりも満足できる点の方が
大きかったです。

プロジェクター機能は特にオススメ


デジタルビデオカメラを選んだ際には、
子供がもっと大きくなってから便利かな
と思っていたプロジェクター機能でしたが、

家族で集まる時など、手軽に動画を
観る事が出来て大満足しています。

プロジェクター機能がメインではないので、
高画質高音質では無いですが、

撮った動画を家族や友達とわいわい、
がやがや、観る事が出来るので、

撮った映像を賑やかに観たい方には
とてもオススメです。

今後も撮影メインで、時にプロジェクター
機能を楽しみながら、まだまだ使いこなせて
いない機能を勉強していきたいと思っています。



topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加