おすすめレーダー探知機や人気ランキング2017〜2018〜から最新製品・メーカー売れ筋紹介

 

●みんな損してる!?新車ディーラーの車下取り価格でだまされている!!

 ↓クリックしてかならず見ておいてください。


レーダー探知機の人気ランキングと人気機種やメーカー

レーダー探知機の人気ランキング
なら今人気のレーダー探知機がすぐに見つかります!

売れ筋ランキングをご覧いただく前に、
レーダー探知機選びに役立つ人気の
秘密
を解説していますので、

ぜひ最後まで読んでいただき、
ユーザーの方に適切な製品を
選んでみてください!

 


レーダー探知機通販ランキング2018〜2019〜おすすめ・人気型番・メーカー


 

このページでレーダー探知機のご紹介は「KAZU」が担当します!!何卒よろしくお願いします!!機械ものが結構好きです。車も好きなので・・ばっちり対策はしたいですよね(事故がないように、罰金も困ります(笑))!!


ここから気になるレーダー探知機の機能や注目の
機種・型番・メーカーなどについて詳しく解説してみました。

ランキングの入り口は↓

レーダー探知機の種類

レーダー探知機の種類について説明します。

速度超過で事故を起こす前に、レーダー探知機で
未然にスピードの出しすぎを防止しましょう。

レーダー探知機の種類としては大きく2つに分類できます。

  • GPS機能なしレーダー探知機
  • GPS機能付きレーダー探知機

GPS機能なしの場合主に次の速度取り締まり機に
対応しています。

  1. レーダー式オービス
  2. パトカー用車載式レーダー
  3. 新Hシステム
  4. ステルス型取締り機    
  
しかし最近では、レーダー波を使用していない取り締まり機が多くなり
現実的にGPS無のタイプでは速度取締り機を十分探知できない
と言っても過言ではありません!

例えば、「ループコイル式」「LHシステム」はレーダー波を発しない
取り締まり機で、、今ではかなりの数が設置されるようになっています。

そういった場合、役に立つのが「GPS機能付きレーダー探知機」
になります。

ループコイルとLHシステムは地面に埋め込む設置方法
なのでその位置情報を、

レーダー探知機内に地図として覚えさせておく!

そして本体に内蔵したGPSアンテナでカーナビのように
自車位置をリアルタイムで認識し、

その近くにある取締り機を知らせてくれる、

これが「GPS付きレーダー探知機」の仕組です。

もちろんGPS無しレーダー探知機で感知できる取締り機にも
GPS付きレーダー探知機で感知ができます。

ですので、今からレーダー探知機の購入を考えている場合
やはりおすすめしたいのは、GPS付きレーダー探知機となります。

参考 GPS付とGPSなしの価格や対応比較
レーダー探知機 GPS付とGPSなしとの比較

topに戻る

おすすめできるレーダー探知機の人気のメーカー

レーダー探知機の人気のメーカーにはどういった
メーカーがあるでしょうか?

人気のあるメーカーは大きく次の3つです。

  • セルスター
  • ユピテル
  • コムテック

この3社が、レーダー探知機の人気の三大メーカーです。


topに戻る

最新のレーダー探知機の機能

最新のレーダー探知機にはどのような機能
搭載されているかをご紹介します。

例えば、1番肝心な肝となる
GPS機能のあるレーダー探知機が
取り締まり機を識別し警報を出せる種類
には次のようなものがあります。

ここでは、2016〜2017〜年現在、専門雑誌
でも良くおすすめされている、

人気のあるユピテルの

Super Cat (スーパーキャット)
GPS&レーダー探知機 FM∞(インフィニティ) ワンボディタイプ

の機器を例にとってみます。

ユピテル Super Cat (スーパーキャット)<br />
GPS&レーダー探知機 FM∞(インフィニティ) ワンボディタイプ


「警報ターゲット」
・ループコイル
・LHシステム
・新Hシステム
・レーダー式オービス
・トンネル内オービス
・トンネル出口ターゲット
・オービス制限速度
・高速道制限速度切替りポイント
・カメラ位置告知

「警告ターゲット」
・トンネル内追尾式取締エリア
・トンネル出口直後ネズミ捕りエリア
・ネズミ捕りエリア
・移動オービスエリア
・追尾式取締エリア
・一時停止取締エリア
・交差点取締エリア
・その他取締エリア
・シートベルト検問エリア
・飲酒検問エリア
・携帯電話検問エリア
・その他検問エリア
・取締・検問圏外識別
・交差点監視ポイント
・信号無視抑止システム
・高速道 交通警察隊
・駐禁最重点エリア
・駐禁重点エリア
・一時停止注意ポイント*2
・マイエリア

「告知ターゲット」
・Nシステム
・交通監視システム
・警察署
・交番
・事故多発エリア
・車上狙い多発エリア
・高速道 急カーブ/連続カーブ
・高速道 分岐/合流ポイント
・踏切

「情報ターゲット」
・ETCレーン事前案内
・サービスエリア
・パーキングエリア
・ハイウェイオアシス
・スマートインターチェンジ
・SA/PA内ガスステーション
・高速道 長/連続トンネル
・ハイウェイラジオ受信エリア
・県境告知
・道の駅
・ビューポイントパーキング
・駐禁エリア付近駐車場
・消防署
・公衆トイレ


これらは「警報ターゲット」 「警告ターゲット」 「告知ターゲット」
「情報ターゲット」からの情報を分類して教えてくれるものです。


この中の警報ターゲット、警告ターゲット、
つまり取締・検問データ
については3万8,000件以上の登録があります。

しかも、これらの情報は年12回以上更新されており、
そのつど新しく取り締まり機の設置場所等の情報を
調査されたものが追加をされています。


セルスターのGPSレーダー探知機 ARシリーズ GPS一体型 AR-151GA
では、この更新情報をすスマートフォンを使って無線LANで、無料
簡単に更新できたりもします。

セルスター GPSレーダー探知機 ARシリーズ 一体型 AR-151GA


topに戻る

ドライブレコーダーとレーダー探知機の連動型と一体型

最近は、「ドライブレコーダー」
の需要が高まってきました。

それに伴い、

レーダー探知機とドライブレコーダーを一体型・連動させる

新しい機種も登場しています。

それらについてのおすすめや、詳しい内容
をまとめてみましたので参考にご覧下さい。


topに戻る

買い替え思案中。レーダー探知機ユピテルのGWR81sdと最新版との差は?

最近のレーダー探知機はかなり
進化が進んでいます。

私が使っているのは、
約5年ほど前に購入した、

レーダー探知機ユピテルGWR81sd

レーダー探知機ユピテルGWR81sd正面

レーダー探知機ユピテルGWR81sd 右横から

レーダー探知機ユピテルGWR81sd 左横から



ですが、

最新版のものとどんな風に違っているのでしょうか?

クリックで拡大↓

レーダー探知機ユピテルのGWR81sdの電源が入ると衛星を受信するときの画面
※電源が入ると衛星を受信する


そして、5年前の商品は買い替え時なんでしょうか?
というお話をします。

そもそも、何でレーダー探知機を購入したの?


私は、営業で年間30,000キロほど走ります。

その経験から、営業先の道ではどんな取締り
をするのか?等は、理解していたつもりです。

しかし、あるとき捕まりました。(;'∀')

免停ギリギリの28kmにて。
罰金は、ちゃんと払いました。

実は、取締りをする覆面車が、T社から
S社に大きく切り替えられていることを
知りませんでした。

ガクっです。

しかもそのS社の車は、ほぼグレー色です。
全く気づかないで御用となりました。

それから、その罰金の金額を払うくらいなら
と思い、レーダーをつけるようにしました。

当時は、レーダー探知機では上級機種のモデル。


この機種は、約5年近く前に購入しました。

17,000円位したと思います。

この金額にしたのは、28kmの罰金が
18,000円だったので、

それ位までの金額で考えてたからです。

意外と浅はかな自分に反省もしてます。
合計35,000円払っているのですから・・・。

製品の特徴としては、「4つのセンサー」で自車の

  • 進行方向
  • 加速度
  • 高低
  • 明るさ

を把握ます。

レーダー探知機ユピテルのGWR81sd「4つのセンサー」

そして、このセンサーとレーダー派でレーダー
探知機自体の感度を上げるというものでした。

この当時は、「取締りの場所を登録して、
更にGPSでも探知して受信し対処
する」といった製品が多いと思います。

この製品も同じタイプのレーダー探知機です。

ワンボディータイプは新しかった

さらに特徴として、

この当時はGPS機能のパーツと、本体が別々に
成っているものも多く存在しました。

しかしこの製品は、ワンボディになっている構造です。

この当時は、他の機器(ドライブレコーダー等)と
リンクする商品は、殆どなかったと思います。

この4年チョット、このGWR81sdが、お役に立っているか否か


基本的な性能は、今でも健在で
申し分ないと思っております。

私だけではないかもしえませんが、
実は一度設定してしまうとその後は
ほったらかしになっていますが、

それでも自分が、他に気を取られていたり、
ボーっとしていたりの時にかなり助けて
くれるのですから。

注意喚起は、人間よりこの機械の方が
数段上であるということです。

ボイス機能は少しうるさい

余りうれしくないのは、多彩な
ボイスによる音声が有りますが、
必要ないなと思っております。

ただ、単純にうるさいなと思うのと、
その機能自体を余り使わなく
なっております。

GWR81sdは、最近の機種と比べたらどう?


但し、今の最新型と比べると
やはり性能や出来ることには
雲泥の差があります。

例えば、その1つとして、

OBD2の仕様のあるなしです。

残念ですが、付けれないことを
買ってから知りました。

今流行の「OBD2」を接続できればより、
何十項目もの車内の詳細表示を
レーダー探知機に表示させることが
できます。

例えば、燃費や水温等の情報など。

新しいタイプならどれがおすすめか?

もし今ユピテルのレーダーを選ぶなら、
例えば、後継機の

GWR301sd

クリックで拡大↓

レーダー探知機ユピテルGWR301sd

では、全70衛星に対応して、レーダー受信と
併せて対応小型オービスに対応しています。

又、無線でファームウエアが、アップデート
できる機能が、搭載されています。

コレは、楽そうです。

後は、画面表示が、より公道の雰囲気が
出ているところが良いなと思います。

●購入者レビュー

・【デザイン】 【使いやすさ】見やすく非常に良い 【受信感度】良い【取付・設置】GPS内蔵のため場所を取らず簡単

・よく反応をします 車の情報も見やすいです。

・OBDのアダプターが使えるので購入。セットで、安く購入出来て大満足です。

OBD2ケーブルのおかげで、様々な情報を確認でき楽しいです。

・車速感応ドアロック機能もあるので満足です。





ただ、ドライブレコーダー等の機器とリンク
しないと言う点では、今では廉価版に
位置するのかもしれません。

ドライブレコーダーの必需性


最近では「ドライブレコーダーを取り付ける」
方が増えています。

タクシー車両などは、事故状況などの
責任の所在をはっきりとさせるため、

どの会社でもほぼ設置していますね。

個人のドライバーもその意識を持つ人
が増えています。

各レーダー探知機メーカーでは、レーダー
探知機とドライブレコーダーを併用で
取り付ける場合を想定した、

「連動型」というタイプが新しく登場しています。


まとめ


基本性能は、今の製品でも充分ですが、
最新版の同グレードだと一世代以上
前なのかもしれません。

私は、このドライブレコーダーで今は、
不便を感じてはいません。

でも、新しい機種は、やはり進化しています。

特に、GPSに関する情報量集約も、
今の機種のほうが、断然上です。

そして、レーダー探知機が、監視をする方々
(POLICE)も進化しています。

そして、他の機器(ドライブレコーダーやバックアイ)
などとリンクできると言うのも新しい機種の魅力
でもあります。

こうやっていろいろと調べていると、
新しいレーダー探知機が欲しく
なってきました。

実は、欲しいなと思って一度思い留まってましたが、
でも欲しいと思った時が、買い時かもしれません。

車の買い替えの時って言っていたら、
買う時期を逃すのかもしれません。^^


topに戻る

みんな損してる!?なぜ新車ディーラーで簡単に車の下取りをしてはいけないのか?

車のことに詳しい人や、車業界の人間は、

車の買い替えをする時や、
今乗っている車を手放す時は

「上手に車を売却」

するために

「必ずやっていること」

があります。


これを知ってるか?知らないか?では、

「あなたのお財布に残るお金」が
大きく変わってくることは間違いありません。

その方法は、そんなに難しい話ではなく
どんな人でも簡単にできる方法でした。

最初、私もそれを知らなかった時に、
出会って知った、

最も参考になると思うその方法や、
実際に体験された話が書かれている
ページをご紹介しておきますので、

是非参考にしてみてください。
クリックしてください↓

車を売る時に最も気をつけておきたい損をしないための手順とは?

topに戻る

売れ筋!コムテックレーダー探知機ZERO700V +OBD2-R2セット シャチホコストア

2015年11月のレーダー探知機人気はこちらです!
コムテック ZERO700V +OBD2-R2セット


カー用品でシェアPneの「シャチホコストア」
さんで一番売れているレーダー探知機です!

コムテック ZERO700V +OBD2-R2セット レーダー探知機

特筆すべき点は、

厄介だった取り締まり機器の
小型移動式オービスに対応しています!

その他圧巻の充実度あり!
コムテック公式サイトでも確認できます。。

さらにGPSデータ更新は完全無料で
ダウンロードできます。

こちらすでに最新版として701Vが出ていますが、
本体機能自体にはそう差はありませんし、
価格面でも7000円程度高いので、

今なら700Vが価格がこなれて売れています。

シャチホコストアさんでもレーダー探知機の
売り上げランキング1位です。

現在価格は、
価格 22,800円 (税込) 送料込
となっています。



価格面では、セールを行うショップもでてきます
ので、いくつかのショップで比較してみてください。


topに戻る

レーダー探知機人気ランキング総合でしっかりと確認

こちらから最新のレーダー探知機人気ランキングを見ることができます。





ここのランキングでは毎日更新された
最新のランキングがご覧いただけますので
おすすめですよ。

レーダー探知機は毎年新機種が出る確率が
多い製品です。

ひとつ前の型番などは、最終処分販売などで
割と価格を抑えて激安やセールで販売されたりします。

そういった場合、売れ筋ランキングでは上位に
ランクインしてくるので、見逃すことなくチェック
できます。

ぜひ利用してください。

topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加

レーダー探知機通販ランキング2018〜2019〜おすすめ・人気型番・メーカー関連情報

レーダー探知機とドライブレコーダー一体型のメリットは?最新の連動型おすすめはこれ!
人気のレーダー探知機のご紹介です。ドライブレコーダーとのペアで使えるメーカー・機種など、最新人気製品型番について解説しています。
レーダー探知機の種類・取り締まり機の種類知識を学ぼう
レーダー探知機の種類と取り締まり機の種類を知っておきましょう。GPSやオービス、新Hシステム、Nシステムなど。