今使っているベッドのブランドベッド「キングスダウン」はコイルオンコイルの高級ベッドでおすすめです。

●当サイトへようこそ!最新のランキング情報やおすすめ・体験談・口コミなどお役立ち情報サイトです!


著者担当 ランキング調査隊

抜群の寝心地。高級ベッド「キングスダウン」をご存知ですか?

ベッドの妥協は、毎日の生活でデメリットになり得る

一日のうちで一番人間に大事なのは
食事と睡眠だと思います。

睡眠を大事にしようと思うと、寝心地の
良い布団やベッドを手に入れることが一番
の得策とも言えます。

しかし、ベッドにしろ布団にしろ、高級な
ものはお値段も高額になります。

なので、寝具のお店にいくと、店員さんは
値段の安い寝具をすすめて、なんとか買って
もらおうとすることもあります。

しかし、私の経験で支持されるまま買って

「あれ?安眠できない」

といった経験をしたことが2回ほどあります。


皆さんの中にも、「進められたベッドは寝心地の
良いものだ」と思い込んでたりして、

実際は違っていたということがある方も
おられるかと思います。

最初、私は無理やり今のベッドで満足感に
浸っていました。でも、次の日「熟睡できなかった」
という不満が日を追うごとに募り、

結局、ベッドを一年もしないうちに買い換える。

そんな経験をしています。

ですので、そういった同じ苦い経験を持って
いるかたにも、最終的に私が行きついた
素晴らしいベッドをご紹介したいと思い
今回の口コミを書いています。

ベッド選びに一度失敗して、また店の人の
言う通り進められ買って後悔。

これを繰り返してははっきり行って無駄な
お金を使ってしまいます。

topに戻る

国内メーカーのベッドだけでは高級ベッドにたどり着けない

ここで紹介するお話はあくまでも
「私個人」の感じるお話しです。

参考として読んでいただければと思います。

日本では基本、「大塚家具」以外はほと
んどのショップでは、

国内のメーカーのベッドを勧めてくれます。

何より、在庫も日本のメーカー品が多いで
しょうから、日本のベッドブランドからいいも
のを勧めてくれます。

しかし、「ベッド」に限って言うと、「海外製のベッド」」
は日本のベッドを上回る基準を持っているものが
多いのです。

では海外製でおすすめできる高級ベッドは
どこのブランドか?お伝えできればと思います。

topに戻る

高級ベッドは「キングスダウン」が絶対オススメ&選んだ4つの理由

とにかく、ベッドで世界中で圧倒的に有名なのが

アメリカ製

です。

なぜ「アメリカ製」が人気なのか?という
点についていえることは、

生活時の就寝する形態が完全に
「ベッド」に1本化しているからです。

それだけにベッドの需要も多く、ベッドでの
寝心地には究極の快適さを求めた製品
が多くあると言えるからです。

電化製品や車なら日本製はピカイチの
信頼性と精密さがあります。しかしベッドは
家具です。

さらに日本の木製家具は定評がありますが、

ベッドのフレームは木ですが、直接寝るマットレス
は木で作ってるものでもありません。

こういうベッドのような家具は、グータラが好きな
お国柄が最高に決まってます。

どう楽してどう寝たら素晴らしいか?

を常に考えているお国柄です。(笑)

日本人はよく働く人種なので、そこは
わかりにくいのではないかと思います。

アメリカ製の中でも、シーリーやシモンズ等ホテルなどで
使われてるブランドが日本国内でも圧倒的
に知られてると思います。

しかし、本国アメリカではこの2社より
「圧倒的シェア率を誇る」ブランドがあります。

それが、

「キングスダウン」

です。

イギリスの王室もこれを使ってると言われてます。

まず、僕の持ってるのは「passions」というシリーズです。

僕が使っている「キングスダウン」のベッド全体

実際に寝ている「キングスダウン」のベッド


クラスで言えば中堅といったところです。

それでいてお値段は、60万?と決して安くないお値段です。

これだけ高額なベッドにはちゃんとした理由があります。

その理由をお話しすれば多分誰でも
納得してもらえると思います。

コイルオンコイル


まず、このキングスダウンは、

コイルオンコイル

を使ってます。

これ意味わかりますか?

高級ベッド「キングスダウン」のコイルオンコイル

写真の通り、二段になってると思いますが、
いわゆる、「ベッドのマットレスの上にまたマットレス」
と言うことです。

マットレス二段重ねと考えていただけたら良いと思います。

最高のコイルを誇るマットレスに、もう一段
マットレスが重ねてあるので、

受け皿(ボトム)がマットレスな分、寝た時に
体重が全て分散されとにかく、柔らかく、
包み込まれる感じで寝れるのです。

従来のベッドですと、ボトム部分が木で
できていて、本当に受け皿としてしか
仕事してませんが、

これは、受け皿もベッドのマットレスに
なってるわけです。

高いのも頷ける話です。

僕が購入する前、実際このキングスダウンの
コイルオンコイルで寝た時に、即寝そうになりました。

そのくらいの寝心地です。

とにかく柔らかいけど「へたらない」


そして、実際に寝てみて解かったのですが、

このキングスダウンのベッドは、どのブランド
にもないふわふわ感といいますか柔らかさが
あり、そこは購入した最大の決め手でした。

このブランドのキャッチコピーが

「雲の上の寝心地」

とうたってるのですがその通りです。

一度、寝るととにかく起きれなくなります。

そして、コイルオンコイルなので、一番大事な
上の部分のマットレスがとにかくへたりません。

僕はダブルベッドを購入して寝てますが、
女性と共に寝ても、

全て体重を分散させてるので、関係なく
へたりません。

もう4年使ってますが、購入時のままです。

そのくらい、長持ちしています。

本来、普通の他社ブランドでだと2年目で
マットレスにくぼみができてくるものですが、

キングスダウンはまずそれはないです。

なので、最初は、高い金額でも長くそして、
最高の眠りを約束してくれるなら、

この金額でこのクオリティーは

最高のメリット

ではないかと思います。

topに戻る

キングスダウンのベッドのデメリット

実は少しだけ不満もあります。

まず、支えるボトム部分の足元です。

キングスダウンのベッドの足

安定感は、最高にあるのですが、
床がフローリングだと、どうしても
傷をつけてしまう恐れがあります。

なので一応、足元にフェルト素材なり
ゴム素材のを何か専用のをかませ
ないと傷をつけてしまう恐れがあります。

この価格帯で、尚且つ日本国内で売るなら
ここら辺はしっかりケアーしてもらいたいものだ
と思います。

(一応、大手家具屋で買うと組み立て時
にそれを言えば無料でケアしてくれたりもする
ので安心できますが)

あとは何より、金額です。とにかく高いです。

一番安いシリーズでも、ボトムだけで8万ほど
します。そこにマットレスが10万ほどなので、
20万ほどします。

たまに、マットレス(上の部分だけ)買う人が
いるみたいですが、

やはり、このブランドはコイルオンコイル
が売りなので、それだと全く意味
がないブランドです。

値段が最高のネックになるブランドで
あることは間違い無いと思います。

それと、もう一点が、かなり柔らかい点です。

日本人は、腰を痛めやすのでどうしても
硬めのマットレスを選ぶ傾向があります。

そういう人には、全くお勧めできませんし、
硬いマットレスは、このブランドは存在
しないので、そこもデメリット点だと思います。

topに戻る

キングスダウンのベッドのまとめ。大塚家具のキングスダウン

日本人は硬めのベッドが良い

と、どこの会社も日本人用にマットレスを
作り直してるらしいですが、

それが良いのか?基本僕は疑問です。

理由は、高級ホテルで寝た時に、
寝心地が悪いと言ってる人を僕は
聞いたことがないからです。

特に外国でです。

ベッドを選ぶときは、他の意見だけで
「これが良い」と決めないで、

実際に寝てもらってそれで、決めて欲しい
と思います。

お店の人の意見を全く聞かないという
意味ではなく、とにかく寝て欲しいです。

それで、自分で熟睡できるものを選んで欲しいです。

キングスダウンのベットは、柔らかくて最高です。

もし、お店に行く機会があれば寝て欲しいと思います。

起きれなくなりますし、なぜわざわざ日本国内
で売る場合、他社ブランドは硬めに改良する
のか理解ができなくなります。

もし、それが日本人に対しての定義なら、
外国の最高級ホテルで寝れなくなりますよ?

と声を大にして言いたいですね。笑 

僕はキングスダウンは、最高級ホテルや
王室でも使ってるおすすめの高級ベッド
にふさわしいブランドだと言えます。

大塚家具がキングスダウンとコラボレーションしたベット


大塚家具ではキングスダウンとの共同開発
で完成したシリーズ、

レガリア

のマットレスがあります。



「レガリア」は王位の象徴である王冠・
王笏・宝珠を意味する言葉です。



topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ベッドの口コミ!高級ベッドキングスダウンの評判が良い4つの理由関連情報

木製ベッドの種類・ランキング・おすすめ情報2017〜2018〜の傾向
人気の木製ベッド種類やおすすめ・売れ筋ランキングについて解説しています。探すといろいろとあります。ロー、ハイ、すのこ、カントリー調など。
ベッドの種類・サイズ別ランキング2017〜2018〜人気・おすすめのまとめ
ベッドの種類やサイズを理解して、用途に合った人気のベッドやおすすめ・売れ筋・ランキングなどの取材をしています。パイプベッド、ローベッド、ハイベッド、折りたたみベッドなど。
マットレス(ベッド)ランキング・通販おすすめ情報2018〜2019〜の傾向
ベッドの装飾品マットレスの種類や人気のベッドマットレスがわかるおすすめ・売れ筋ランキングなどの取材をしています。素材別やサイズ別など選び方のポイントなどもご紹介しています。
ベッドガード・ベビーガードランキング赤ちゃんや子供のベッド転落防止アイテム
赤ちゃんや子供がベッドから落ちるのを防ぐ転落防止柵のベッドガード・ベビーガードについて。通販・売れ筋人気のわかる最新ランキングなど。