ビエラやブラビアなどの4K有機ELのテレビの凄いところは?サイズやメリットをご紹介

●当サイトへようこそ!「目的の記事探し」「キーワード検索」で簡単・便利です!(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)



著者担当 ランキング調査隊

これが4K有機ELのテレビの今までのテレビにはない凄いところです!

4K有機ELのテレビ

 

は今までのテレビにはなかった
素晴らしいハイテク要素を
搭載しています。

 

これからテレビの買い替えや、新しく
テレビの購入を考えているユーザー
の方の参考になる解説をお届け
します。

 

ぜひ最後まで読んで見てください!

 

 

有機ELテレビとは?

まず「有機ELテレビとは」についてご紹介します。

有機ELテレビの最も特筆すべき点は、

テレビの厚みが極薄である

という点です。

今までの液晶テレビも昔と比べれば、
年々薄くなっていますが、

有機ELテレビではそれらの厚みとは
群を抜いて極薄に製造することが
できます。

どのくらい薄いのか?というと

パナソニックの製品を例にして
見ると、このくらいの違いがあります。

クリックで拡大↓

プラズマテレビ・液晶テレビ・有機ELテレビの厚みの違い比較


極薄の理由は「自発光方式」


有機ELテレビは

  • 液晶テレビで必要だったバックライトのスペース
  • プラズマテレビで必要だった放電スペース

の必要がなくなりました。

有機ELテレビは「自発光方式」という
方法で映像を表示しています。

この「自発光方式」は以前製造されていた
プラズマテレビと同じ方式です。

実は「プラズマテレビ」は「画像の鮮明さ」
では液晶テレビよりも優れているという
意見はとても多くありました。


ですが、

  • 電気代が液晶テレビより高い
  • 製造コストが高いので販売価格も高め

というデメリットがあったので、
各メーカーも徐々に液晶テレビ
1本に絞って製造されるように
なりました。

パナソニックの4K対応機種、55型のサイズで比べてみると、


消費電力 年間消費電力量
有機ELテレビTH-55EZ950 386W 210kWh/年
液晶テレビTH-55EX850 309W 159kWh/年

となり、やはり今までと同様液晶テレビ
よりは電気代が高くなります。

それでも、

  • 10年前の液晶テレビ
  • 昔のプラズマテレビ

よりは、かなり電気代は安くなっています。

ですが、、液晶テレビもどんどん進化
して消費電力が下がってきているので、

同世代の液晶テレビより高くなる
ようです。


topに戻る

4K8K衛星放送が2018年12月1日より開始

※動画 新4K8K衛星放送の御案内 深田恭子さんCM




A-PABの4K8K BS試験放送が終了し、
いよいよ新しく4K8K衛星放送が2018年
12月1日から始まります。

「放送が美しく」なる理由


※クリックで拡大↓

4K8K衛星放送が2018年12月1日より開始。フルハイビジョンよりキメ細やかで迫力ある表現力の映像

とにかく、「画素数」が格段に違います。

デジタルカメラビデオカメラ、そして
スマホを使っていれば「画素数」の
違いで、画像や映像が変ってくる
ことは、ご存知だと思いますが、

群を抜いて画素数が増えますので、

  • 鮮明
  • 立体感・奥行きのあるなしがすごい

という今までにないテレビ映像が
楽しめます。

どうすれば4K8K放送が見れるの?


ポイントとして次の2つのものが
必要となります。

  1. 4K・8Kのコンテンツ(対応放送サービス(スポーツ中継や映画やドラマなど))
  2. 4Kテレビ、4K対応テレビ、4Kレコーダーなどの受信機器

さらに詳しくは公式ホームページで
ご確認下さい。


2Kテレビで4K放送を見るとどうなる?

しかしながら、今すぐ4K8Kテレビを
買い替える予定はない!方もおられ
ますよね。

では、2Kテレビで4K放送を見ると
どうなるのか?


について、実際に筆者が体験して
見ましたので、次にご紹介します。

topに戻る

2Kの液晶テレビで4k放送を見るとどうなるの?

我が家のテレビは、

東芝レグザ2K液晶テレビ

です。

2K液晶テレビで4K放送を見てみた

次に買い替えるとすれば、3Kではなく、
飛び越えて4Kテレビにしようと思っています。

これだけ4K、そして8K放送までもが、
本格化するなら、どうせ買うなら
3Kではもったいないですね。

しかし、私のふところ加減では、まだしばらくは
2Kテレビのままかもしれない。。。

そんなことを考えていると、BS171放送で、

「この番組は4Kカメラで撮影しています」

という番組を発見!!

我が家の東芝レグザ2K液晶テレビ

これは、2K液晶テレビで4K放送を
見た場合の参考になる!

と思い、じっくりと見てみました。

そうすると。。

なんと!2Kテレビでも立体感や奥行きの
鮮明さががまるで違う!!


という体験ができました。

これには正直驚きです。

木々の揺れ具合


実際の2K →4K放送をスマホで撮影して
見ました。ちょっと分かりにくいかも
しれませんが、とりあえず参考程度に。

※参考動画 風で揺れる木々



木が揺れているところを
注目してみてください。

※参考動画 神社の奥行きがはっきり見える



2つ目の動画、「神社の奥行きがはっきり
見える」は、こちらの印の動画のところを
注目してみてください。↓

2Kの液晶テレビで4k放送を見たときの立体感の比較


実際に生で見ると全体的にもはっきりと
立体感があるのがよくわかります。

まだテレビの買い替えの予定が
ない方には、ちょっと嬉しいことです。

4K放送を2Kで見ても、今までとは
かなり違った、立体感のある映像が
見れました。

4K放送は4Kカメラが必要

ここでちょっと友人や知人に自慢できる
ような豆知識です。

4K8K放送が始まることで、テレビ側の機器
ばかりが注目されていますが、

そもそも4K放送は、「4K対応カメラで撮影
して初めてスペックが整う」んです。

テレビ業界の4Kカメラ」がどのように
行われているのか?参考情報を
ぜひご覧ください。↓



topに戻る

人気・売れ筋・特価のテレビは最新ランキングを絶対チェック!

今まさに売れているテレビを探すなら、

ヤフーショッピングや楽天市場の
最新ランキングを確認してみる
のがおすすめです!

テレビのメーカーや種類によって、
それぞれ得意分野があって、

価格も安くてしかも高品質な
テレビもランキングなら見つかり
やすいです!


topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

4K有機ELのテレビとは?液晶との違いなど各メーカーを比較関連情報

4Kテレビ人気ランキング2018〜2019〜おすすめメーカー型・インチサイズ別価格比較
人気の4Kテレビがわかる!最新ランキング情報です。32インチ・ 40インチディスプレイ他多数のランキングが見れる!液晶テレビ中心の売れ筋メーカーの特徴やおすすめの理由などをご紹介。
テレビメーカー別新製品・最安値情報
進化を続けるテレビ・液晶テレビ・有機テレビをメーカー別にわかりやすくまとめてご紹介します。パナソニック・東芝・日立・シャープ他など。
液晶テレビ人気ランキング2018〜2019〜おすすめメーカー・価格比較
人気の32型・ 40型もインチサイズのランキングも多数見れる!液晶テレビの売れ筋ランキングやメーカーの特徴ごとのおすすめなどをご紹介。
液晶テレビのサイズ一覧12メーカーの画面インチ数と型番
24型以下から32型・ 40型・42型・50型・60型以上他、各メーカーが販売する画面サイズインチと型番を一覧にしています。
プラズマテレビの評価・口コミ今でもプラズマテレビを使い続ける理由
私にとってプラズマテレビはテレビの中の王様。生産中止になり新品は99%手に入りませんが、今使ってるプラズマテレビを大事にしたいと思います。
シャープ液晶テレビの口コミ!52型LC-52XL10を選んだ決め手は?
実際にシャープのアクオス液晶テレビを購入して良かった点やちょっと不満だった点などの口コミを書いてみました。52型LC-52XL10の最新情報も調べてご紹介しています。