テレビ放映が4K・8Kになるとデジタルビデオカメラもそれに合わせて進化しています。

●当サイトへようこそ!「目的の記事探し」「キーワード検索」で簡単・便利です!(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)



著者担当 ランキング調査隊

デジタルビデオカメラも4Kが魅力。近い将来すべてのビデオカメラが4Kに。

ビデオカメラは4Kが必要か?必要でないか?

結論から言いますと、

必要でないと思っても、2019年中にはほとんどのビデオカメラが4Kになる

と考えておいて間違いないでしょう。

ですから、必要か必要でないか?という
選択肢はタブーです。

今から購入するなら、画像の綺麗な4kを購入
されることをおすすめします。

このページでは、ビデオカメラの4kの魅力
について詳しくご紹介します。

ぜひ最後まで読んで見てください!



4Kとフルハイビジョン、何が違うの?

「フルハイビジョンから4Kの時代になる」といわれていますが、4Kがどのように凄いかイマイチわからない人にお勧めさせてください。
4Kはすでに高画質であるフルハイビジョンのさらに四倍の画素数です。
「画素数が多いだけなら画質が綺麗になるだけ?」
いいえ、ここまでの画素数となるとできることが広がってくるのです。
[1]
https://www.macxdvd.com/blog/img/4k1.jpg

topに戻る

ビデオカメラの4Kでできること

@テレビ撮影並みの超スロー再生
今までのデジタルカメラでは、動き回る子供たちやスピード感のある動物や乗り物を撮影してスロー再生された時、動画カクカクしませんでしたか?

4Kでは、正に桁違いの画素数を生かして、テレビのスローモーション映像並みのスロー再生をすることができます。
思いのまま元気よく動き回る子供たちを撮影して、あとからスロー再生してイキイキとした表情やポーズを残すことができます。
スポーツ観戦でも、熱狂の瞬間や好プレーを何度でも精細な映像で見直すことが可能です。
[2]
http://img.tabi-labo.com/wp-content/uploads/2014/11/b7c6d4db5651c81e7666535abb5e3ff4-1038x576.jpg

A切り出しやクローズアップをしても綺麗
どこへどう動くかわからない子供たちやスポーツ選手がフレームアウトしないように、遠目で撮影することもありますよね。
今までのフルハイビジョンではあまり遠すぎると見たいところを切り出して拡大するとどうしても画質が落ちてしまっていました。
しかし、4Kではまるで画質が落ちません。
サッカー中継などでも4Kが活用されています。
[3]
https://www.photron-digix.jp/mailmagazine/evs_newsletter/2013/07_img/newsletter1307_img01.jpg

表現が広がるデジタルカメラの4K

[4][Panasonic WX995M]
http://panasonic.jp/dvc/products/wx995m/img/index/wx995m_index_mv_pc.jpg


アウトドアが好きな方なら4Kのデジタルカメラを携えていつものお散歩コースを撮影してみましょう。翼を羽ばたかせる鳥の羽の一枚一枚、揺れる木の葉、清流の水しぶWXきも4Kなら自然のままの美しい姿で残せます。
さらに撮った映像を編集する際にスローモーションや切り出しをすることで、今までにないほどダイナミックな表現が可能になります。

topに戻る

4Kそして8K映像の時代へ

これからの時代はテレビもパソコンも4K対応に切り替わっていきます。最近では4Kのデジタルビデオカメラも小型化・低価格化が進んできました。

ビデオカメラを買い替えるなら、まずは4Kですね。

デジタルカメラによる動画撮影と写真撮影はメカニズムとしては同じなので、写真撮影向きの形のデジタルカメラであっても動画撮影はビデオカメラほとんど同じようにできます。

写真撮影に特化したデジタルカメラといえば「デジタル一眼レフ」ですが、「デジタル一眼レフ」に4K対応の機種はなく、「デジタルマイクロ一眼」には4K撮影が可能なものもあります。
何故かといいますと、「デジタル一眼レフ」の強みは遠くまで高画質で撮影できるズーム機能です。「デジタルマイクロ一眼」は「デジタル一眼レフ」に比べてそこまでズームできません。そのズーム機能の差を埋めることができるのが4Kの画素数です。4Kは画素数が高いので撮影後に拡大した時に画質が劣化しません。
「デジタルマイクロ一眼」はどちらかといえば近くを撮影するための機種といえます。たとえばインスタグラムのように食品の撮影や自撮りを美しく撮るためなど。
食品の質感や人物の躍動感を撮影するためには、4Kがうってつけというわけです。

デジタルハンディカムのように動画撮影に特化した機種は最新のものですと動画を撮る際の手ブレを抑える他、手元の画面をスマートフォンのように操作してその場で簡単に動画編集できるなどの機能が付いています。

ちなみに、デジタルカメラにも4Kが誕生しています。
とデジタルビデオカメラと同じメカニズムです。


topに戻る

4k放送テレビってもう始まっているの?

4kの最も注目の話題といえば、やはり

4kテレビ放送

ですね。

実は4kテレビ放送はすでに2014年から

  • スカパー!プレミアムサービス
  • ひかりTV

などで始まっています。


そして、2018年12月から、

右旋BS放送(BS朝日、BSジャパン、NHK BS4K、BS-TBS、BSフジ)および左旋BS放送(ショップチャンネル、QVC、映画エンタテイメントチャンネル)と110度CS左旋(スカチャン4K)で4K実用放送開始予定[6]。NHK BS4Kは毎日6時から翌0時までの間、4K放送を実施する

ということで一般チャンネルでも4k放送が
始まります。

この状況を見ればこれからは
4kの映像が当たり前になるの
がよくわかりますね。

topに戻る

8k放送テレビもすぐ目の前に

4k、4kと騒いでいる皆さん、

時代はすでに「8k」を見据えています。

8kは4kと比較すると、

  • 4k・・・フルハイビジョン(2k)の4倍の約829万画素
  • 8k・・・フルハイビジョン(2k)の16倍の約3318万画素

という膨大な画素数で表現されますので、
今までに見たこともない美しい映像を見る
ことになります。

すでに、

  • 2016年8月からBS放送でNHKによる8K試験放送開始、
  • 2018年12月1日 左旋BS放送にてNHK BS8Kが8K実用放送開始予定

となっています。

そのうち当然8kのビデオカメラ
も販売される日がくるでしょう!

topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ビデオカメラ4kは必要か?必要ないか?4Kの映像の美しさは魅力的関連情報

ソニーデジタルビデオカメラハンディカムHDR-PJ670で子供を撮影の体験談
1歳の子供を毎日動画や写真を撮りたいと思い、SONYのビデオカメラを購入。良かった点や気になる点などの使用感のお話しです。