リチウムイオン蓄電池が家庭でも使えるおすすめ・人気ランキングをご紹介しています

●当サイトへようこそ!「目的の記事探し」「キーワード検索」で簡単・便利です!(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)


著者担当 ランキング調査隊

家庭用リチウムイオン蓄電池のおすすめ最新情報

このページでは、現在注目度が高い
家庭用リチウムイオン蓄電池
をご紹介しています。

近年では、太陽光発電(ソーラー)で電気を作り蓄電する
家庭が増えています。

また、電力会社の「夜間電気」は料金が安く
夜間の電気を使って蓄電をする。

このような、蓄電をする際に家庭用の
リチウムイオン蓄電池を探している方も多いようです。




ランキング1位!シャープ(SHARP) ポータブルリチウムイオン蓄電池 JH-AB03は1番の人気

現在発売されているリチウムイオン蓄電池の中で

シャープは家庭でも使えるリチウムイオン式の
蓄電池を開発しました!!

シャープ(SHARP) ポータブルリチウムイオン蓄電池 JH-AB03

は1番の人気になっています。

簡単に夜間の割安な電力を蓄電。

それを昼間に使用すれば電気代は安くできます!

シャープ(SHARP) ポータブルリチウムイオン蓄電池 JH-AB03

太陽光発電(ソーラー)の発電と電力会社の夜間電力、
両方の蓄電に対応しています。


価格・商品等、最新の最安値でご確認下さい。


気になる価格ですが、最安値ではおおよそ6万円前半
くらいのお値段になっています。(2014年9月)

最新の最安値でご確認下さい。

シャープオフィシャルサイト

topに戻る

ランキング2位!パナソニック リチウムイオン蓄電システム LJ-SF50A

ランキング2位!

人気の大手メーカーパナソニックの蓄電池です。

パナソニック リチウムイオン蓄電システム LJ-SF50A

クリックで拡大↓
パナソニック リチウムイオン蓄電システム LJ-SF50A

パナソニックのリチウムイオン蓄電池は、

  • 産業用
  • 家庭用

においていくつかの蓄電池を作っています。


ここで紹介しているLJ-SF50Aは、家庭用になります。

パナソニックのリチウムイオン蓄電システムは

  • 100V〜200V
  • 1kwh〜1.6kw〜3.2kw〜5kWh

くらいの範囲で蓄電池が揃っています。

LJ-SF50Aについては、

  • 蓄電容量:5kWh
  • 定格出力電力1,500VA
  • 入出力電圧AC100V

となり、
お値段は定価で「90万」程度になっています。

最安値についてはこちらで
最新情報をお届けしています。




詳細についてはパナソニックの公式サイトをご覧ください.。

パナソニックオフィシャルサイト

topに戻る

ランキング3位!潟fルプラス 停電バックアップユニット KR-720LIB リチウムイオン蓄電池 安価な夜間電力を蓄電

シャープ・パナソニックの次に人気のリチウムイオン蓄電池なのが、
こちらです。

潟fルプラス 停電バックアップユニット KR-720LIB

潟fルプラス 停電バックアップユニット KR-720LIB リチウムイオン蓄電池

停電対策はもちろん、こちらも
夜間の電力を使って蓄電するので、
安いコストで電気を消費できるようになります。



潟fルプラスオフィシャルサイト

topに戻る

ランキング人気急上昇!超大容量!蓄電池型電源システム ECO-POWER 6400

家庭用のポータブルリチウムイオン蓄電池では
少し物足りないなとお考えの方,

かなり大容量のリチウムイオン蓄電池があります。

それがこちらです。



最近めきめきと人気が上がってきている、蓄電池です。

見た感じは、「発電機」のように見えますが、
間違いなくリチウムイオン蓄電池です。

ですからもちろん、
  • 騒音はセロ
  • 排気ガスゼロ
です。

蓄電量はなんと6,400ワット。
当サイトは取材した中では1番大きい
容量を誇る蓄電池です。

急速充電器が付属されていて、
6400Wh/500Ahの大容量バッテリーを
約12時間で充電します。

この充電を夜間充電にすれば、コスパも
しっかりです。

さらに詳しい情報は、公式サイトをご覧ください!



topに戻る

住宅設備以外のリチウムイオン蓄電池について

ここまでは主に家庭用電化製品に使うための
リチウムイオン蓄電池をご紹介しましたが、

住宅設備以外のリチウムイオン蓄電池について
もいろいろとあります。

例えばパソコン用に使いたい蓄電池や、
電動工具などの電気製品に向いている
リチウムイオン蓄電池もあります。

自動車や自転車関係のリチウムイオン
蓄電池もあります。

もしリチウムイオン蓄電池を使う
目的を違った目線で見たい方は、

こちらに一覧がありますので是非参考にして下さい。



topに戻る

燃料電池と蓄電池の違い

燃料電池と蓄電池の違いについて説明します。

燃料電池は、
基本的には水素を原料として電気を作るのが今の仕組みです。

水素と空気中の酸素を使って水と電気を生み出します。

最近では、車によく使われる燃料技術です。

蓄電池
単純に電気をためこむ機器といえます。

太陽光発電(ソーラー)や、電力会社は供給する
電気機器に流して金属などの状態を変化させて蓄積します。

ですので、 「電池」といっても、
この2つはかなり違う性能のものです。

一言で言うと、
燃料電池は「電気を作る」
蓄電池は「電池を貯める」
ものだということが言えるでしょう。

topに戻る

蓄電池導入・設置のメリットやデメリット

蓄電池を家庭で使う場合のメリットやデメリット
を考えてみましょう。

まずメリットについてです。

現在では、太陽光発電の電気を作る家庭が
増えているので、余った電力を蓄電して使える
ことで、電気代の節約になります。

また、電力会社の「夜間電力」はコストが安いので
その時間帯に蓄電しておき、

昼間に使うとコストパフォーマンスの良い
消費電力を行います。

また、環境面で見るメリットとしてはCO2の削減
につながることが考えられます。


つまり、蓄電池を活用することで冬場の石油や
灯油、ガスを使う暖房機器の使用頻度を減らせる
ことが考えられます。

それと、災害時に役立つでしょう。
また停電時対策としてはかなり実用的です。

ではデメリットも考えてみましょう。

蓄電池を購入する費用は別途必要です。

現在のリチウムイオン蓄電池は、寿命は約10年
と言われています。(毎日使い続けた場合)

ですので、長期的ではありますが買い替えは必要です。

しかし、購入代金と節約した電気代のコスパを見て
購入代金より節約代金が上回っていれば、

結果的にはメリットとなるでしょう。

topに戻る

車と蓄電池の関係

今後、蓄電池は色々なものに関連付けされてくるでしょう。

その例の1つとして「車」との連動があります。

ご存知のように最近の車は「電気」を使って走る
車が増えています。

トヨタではハイブリッド車があります。

そして日産では、完全な電気自動車「リーフ」
トヨタにも最近は、プリウスの「PHVプリウス」
が発売され、

家→車、車→家で利用する技術が進み、
関連性が増すようになっています。

  • 車の走行で蓄えた電気を家で使う。
  • 逆に家で蓄えた電気を車に充電する。

そんな関係ができてきていますね。

今後さらに蓄電池の技術や設置場所が
増えてくるのは間違いないでしょう。

地球の環境問題にも大きく関連する
エネルギーの本丸といえる「電気・蓄電池」
は大きく関わっています。

topに戻る
後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加


著者担当 ランキング調査隊