オールシーズンなら厚すぎず、薄すぎずな掛け布団でがおすすめ。人気のメーカーは?

●当サイトへようこそ!「目的の記事探し」「キーワード検索」で簡単・便利です!(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)



著者担当 ランキング調査隊

オールシーズンに使えて重宝する掛け布団でおすすめの製品をご紹介します。

掛け布団オーシーズン

で使える製品に注目しました!

オースシーズンで掛け布団が使えるタイプやシリーズでおすすめは?

冬に掛け布団を使うのは
日本では必須ですが、

春や秋などでも、掛け布団が
ないと、少し寒い感覚がある
お住いの方も多いのでは?

さらに夏の冷房が効きすぎた
お部屋なら、体の上に1枚羽織る
掛け布団が欲しい時もあります。

そんな時に使える、

オールシーズン向けの掛け布団

にはどのような製品があるのか?

  • 素材やかさ高
  • アイデアが素晴らしい
  • おすすめのメーカー

から、注目の製品をご紹介します。

オールシーズンの掛け布団以外の
布団でも、賢い選び方のヒントが
沢山ありますので、

是非最後までご覧ください!

 


 

みなさまこんにちは。掛け布団のおすすめをご紹介します、「まこにゃん」です。よろしくお願いします。オールシーズンで掛け布団を使うためには、選び方にちょっとしたポイントがあります。その辺りを取材してまとめてみました!




掛け布団をオールシーズン使う時のシーンや工夫された製品の選び方

厚手のものはオールシーズンに向かない


保温力の高い厚手の掛け布団は、
冬には大活躍してくれます。

※参考 寒さを凌いでくれる、おすすめの
羽毛掛け布団を見つけた体験談↓

羽毛布団の選び方。寒さを解消できた軽い羽毛布団はダウン70%が決め手

しかし、季節が春、そして夏に近づいて
くると、その掛け布団では当然「暑い」
と感じるようになります。

また、夏から秋、そして秋から冬へと
季節が変る時にも、

厚手の掛け布団では、寝ているときに
まだ汗を多く掻きそう。。

というシーンも度々あります。

ならば、掛け布団はやめればいいのですが、
そうすると、今度は「ちょっと肌寒い」
というのも、これらの季節の特徴です。


オールシーズン使える薄手の掛け布団を使うシーン


例えば、夏はおそらくほとんどの
ご家庭でエアコンを使われるでしょうが、

長時間エアコンの効いた部屋で過ごすと、
体が冷えてきます。

そういったときに「厚手の羽毛掛け布団
や綿布団」を使ってしまうと、

こんどは暑くくなりすぎますし、夏の時期に
体に密着し、まとわりつく布団を使うのは、
まず気分的にすぐれないはずです。

ですので、掛け布団は
オールシーズンに使えるような
薄手のものが必要になるでしょう。

直接冷気を当てないという面でも、
オールシーズン使えるような薄手の
掛け布団があるととても便利です。

比較的住んでいる地域の気候が
暖かい地域の方でも、

夏のクーラーで冷えた部屋のほか、
厚手の掛け布団では暑くなったと
感じる春先や、秋が深まる季節の、

まだ、本格的な冬の寒さではない
中間の時期に使うことができますので、
重宝するはずです。

オールシーズンの掛け布団と毛布やタオルケットとの違い


また、「タオルケット」のような製品でも
いいでしょうが、

タオルケットは使っているうちに、
すぐにはだけてしまって、

何回も体に掛け直さないといけない
ような面倒さがあります。

毛布・タオルケットと比較してみると
性能的に違いがあります。

やはり、「詰め物がある」掛け布団になると、

中の詰め物がある分、ある程度厚みが
あるので、はだけることが少なく使用に
安定性があるというメリットがあると言えます。

毛布やタオルケットの使い方としては、

掛け布団1枚では寒いので、2枚重ねで
使う布団として座っているときに膝にかける

場合などには使いやすい製品です。


春や秋に使える掛け布団の特徴は?


やはり、「やや薄手」のものがベストです。

しかし、薄手だと冬はこれ1枚では
ものた入りないはずです。

そういったデメリットをできるだけ
解消した掛け布団として、

2枚合わせの掛け布団

があります。

※クリックで拡大↓

2枚合わせの掛け布団なら1枚にしても使えるのでオールシーズンに便利

上の画像の製品は、

「タンスのゲン」という通販ショップで
販売されている、

「洗える掛け布団 2枚合わせ」

です。

掛け布団の端にホックがついて
いるので、簡単に1枚にしたり2枚
にしたりできます。

夏は1枚にして「肌掛け」として使う
ことができます。

※2枚合わせの掛け布団のメーカーや
機能・価格の詳細については、このあとに
詳しく解説します。



素材について


オールシーズン使える掛け布団の素材には、
大きく分けて、

  • 羽毛
  • 綿

の2つがあります。

さきほどご紹介した、「洗える掛け布団
2枚合わせ」は「綿の素材」ですが、

オールシーズン使えるものとして、
「薄手の羽毛布団」という製品も
あります。

※詳しい商品の解説はこの後でご紹介します。

これらの素材に関しては、通常の
掛け布団とほぼ同じ素材です。


羽毛布団ってどんな布団?

羽毛布団は今大変人気のある
掛け布団の種類です。

綿の素材の布団にも優れたメリットは、
ありますが、それをさらに上回るのが、

羽毛掛け布団です。

羽毛掛け布団については、
こちらから詳細を確認して見てください。↓


topに戻る

「冬の掛け布団」と「オールシーズン用の掛け布団」は別物として考える


1枚の掛け布団で冬の寒さを凌げる羽毛掛け布団


薄手の掛け布団を2枚、、3枚購入して
重ねて使うことで、保温力を高め
寒さを解消する方法もあるわけですが、

枚数を重ねると、

  • 寝ているときにずれ落ちやすい
  • 重さが重くなる

といったデメリットに近いもの
も発生します。

これらのわずらわしさを解消できるのが、

かさ高16センチ程度の1枚の羽毛掛け布団

です。

保温力に関しては羽毛布団は
どの掛け布団より勝ります。

就寝時の冬の寒さを防ぐ掛け布団で
は厚手の羽毛布団がやはりおすすめです。

日本の冬の寒さを考えると、冬には厚手の
掛け布団が必要になるでしょう。

ですので、基本的には冬用の厚手の
掛け布団と、オールシーズン用の
掛け布団は別物として考えた方が
ベストです。

topに戻る

必見!おすすめのオールシーズン用掛け布団のここに注目!

「タンスのゲン」オールシーズン使える「洗える掛け布団 2枚合わせ」


前の解説で少しご紹介した、

洗える2枚合わせの掛け布団

です。

※クリックで拡大↓

2枚合わせの掛け布団なら1枚にしても使えるのでオールシーズンに便利

中綿の素材は「東レのマッシュロン中綿100%」です。
「木綿わた」は吸湿性・保温性に優れています。

オールシーズン使える「洗える掛け布団 2枚合わせ」中綿には東レのマッシュロン中綿を100%使用

「東レのマッシュロン中綿100%」は
保温性はもちろん、ふっくらとボリューム
がありながら軽く、やわらかな寝心地です。

羽毛を使った掛け布団でもオールシーズンがある


ダウンケットと呼ばれる製品があります。

ダウンが50%フェザーが50%

という比率で構成されているものです。

フェザーを多く使うことで、

通気性がよくなり、保温力が抑えられる
ので、春や秋にも使いやすく、

しかも、羽毛・羽根布団ですから、
「質量が軽い」というメリットもあります。

しかも、オールシーズンの羽毛掛け布団は
薄手ということもあって、「簡単に洗える」
製品もあります。

購入者レビュー
注文してすぐに届きました。予想外に小さな袋詰めで、薄くて不安でしたが、羽毛が温度調整してくれるのか、毛布やタオルケットと違って、暑過ぎず、寒過ぎず、今の季節に丁度良いと思います。側も混綿生地でガーゼの毛布カバーがピッタリでした。


側生地について

比較的暖かい季節に使うなら、綿100%
より、ポリエステル50〜80%含まれて
いるものが、肌触りとしてはまとわりつく
感じがなく、気持ちよく使えるようです。

topに戻る

今人気掛け布団は最新のランキングをチェックしましょう!

掛け布団や敷布団選びなら
ヤフーショッピングや楽天市場
の最新ランキングをチェックする
のがおすすめです!


topに戻る

羽毛掛け布団って高級だから高い?メリットは?

さて、掛け布団の王様の

羽毛布団

をまだ使っていない方は、

綿やポリエステルの布団とどのくらい違いがあるの?

など、うわさで聞く特徴や価格などが
気になっている方が多いと思います。

最近では、

1万円台の低価格でしかも品質が良い羽毛掛け布団

がいくつか登場しています。

そして、もちろんその「品質や暖かさ」
そして「軽さ」は使ってみれば、

購入して大満足

な体験をできること間違いなしです!

羽毛布団の詳細については、
こちらのページで詳しくご紹介
していますので、

ぜひ参考にしてみてください。↓


topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加