シーリングファンライト おしゃれなファンが付いた天井照明のおすすめランキング2017〜2018〜の動き

●当サイトへようこそ!最新のランキング情報やおすすめ・体験談・口コミなどお役立ち情報サイトです!


著者担当 ランキング調査隊

シーリングファンライトのおすすめや種類・解説と最新人気ランキング

おしゃれなシーリングファンライトを探すなら、

シーリングファンライトおすすめランキング

で最新の人気をチェックして見ましょう。

NEC製 FXZF-65108R シーリングファンライト
※画像はNEC製 FXZF-65108R シーリングファンライト

その前に、、

このページではシーリングファンライトの
構造や特徴、役割、設置などについて

詳しく解説もしています。

また、おしゃれなおすすめの
シーリングファンライトもご紹介
していますので、

ぜひ最後まで全て読んで見てください!

読んでいただければ、そのあとのランキ
ングでの製品選びに役立ちます!

ではここからシーリングファンライトを
購入する際の参考情報を解説
していきます!

(ランキングの入り口はこのページの
一番最後にあります)


最新のシーリングファンライトの人気ランキングの入り口は↓

シーリングファンライトの構造や種類

通常のシーリングライトといえば、

こちらの画像のようなものです。


お洒落なシーリングライト 丸形


シーリングライトの詳しい解説はこちら!

同じ、シーリングのソケットを使った天井照明として、
シーリングファンライトと呼ばれるものがあります。

シーリングファンライト 軽量

これは、シーリングファンにライトが組み込まれたもので、
今、大変人気の高い天井照明のひとつです。

シーリングファンの「ファン」の役目としては、
室内の空気を循環させるという効果があります。

いわゆる、サーキュレーターのような役目ですね。

このファンにより、夏のクーラーによる底冷えや、冬の
暖気が上方向に逃げてしまい、顔は火照って足元は
案外暖かく感じない温度のデメリットを、ファンの撹拌効果で
打ち消すメリットがあると言われています。


ですから、デメリットによる、必要以上の冷暖房のやりすぎを
制御できやすくなり、エコにも効果があると言われています。


このファンの「羽根」の形は、伊達にあるわけではなく、
左回転で風を下向きに、右回転では風を上向きに
できるので、(メーカーによっては逆の場合もある)


これにより、冷暖房時のお部屋の空気の撹拌の際に使い分ける
ことで、より効率の良い撹拌が可能となります。

解説画像↓クリックで拡大。
シーリングファンでの空気撹拌のようす

種類としては、軽量タイプや、ファンの羽が木製やLEDライト、
リモコン操作が可能なものなど、メーカーや
機種によってデザイン、付加価値、多数の実用性機能が
あるもの、北欧風、アンティークなものなど、さまざま
なものがあります。


これらは、人気ランキングで見れば、今の人気の
シーリングファンライトが一目瞭然
でわかります。

(ランキングの入り口はこのページの
一番最後にあります)

topに戻る

人気メーカーは?

照明器具を製造している
多くのメーカーから発売されて
いますが、

ランキングを調査して売れ筋上位
の人気メーカーは、

  • オーデリック
  • 東芝
  • パナソニック
  • コイズミ
  • ハモサ
  • ハンワ
  • ダルトン
  • 大光電機

これらのメーカーはどちらかと言えば
高級製品の部類です。

特にオシャレ感では一押しのおすすめ、

オーデリック

オーデリック シーリングファンライト FWF237 + FWF278PC  
※オーデリック シーリングファンライト FWF237 + FWF278PC

は、デザイン性なども重視するユーザーの
方には人気のメーカーです。

そのほか、ランキングを確認すれば無名で
格安なところもあります。

topに戻る

軽量タイプって何キロ?

シーリングファンライトには

軽量タイプ

という製品があります。

この「軽量」とは一般的に7キログラム以下
のタイプを指します。

軽量タイプが求められる理由は
接続する引掛ローゼット、
あるいは引掛シーリング

できるだけ重さに耐えうるものとして、
消費者の方が考えられているのですが、

日本製のシーリングファンだけに
限れば、ほとんどが重さが10キロ以下
になるように作られています。

10キロと言う目安は、引掛ローゼット、
あるいは引掛シーリング
が重さに耐えられる
数字です。(引掛シーリングは別途ネジ補正が
必要。それでも場合によっては取り付けが
不可の場合もある)

7キロ以下が主流


メーカー側も設置に関して重量的な
部分も考えて、最近では7キロ以下の
シーリングファンライト(ライトも付いて)
が多く製品化されていますので、

いろいろなデザインやメーカーから
おしゃれで軽量タイプの製品を選ぶ
ことができます。

選択肢が少ないという悩みはなさそうです。

天井の形式にも注意


但し、天井の種類については
そもそも強度が足りず、シーリング
ファンライトの設置自体が難しい
場合がありますので、

各販売店で確認をとっておく
ことがベストです。

(こんな天井の場合は購入前に
通販ショップや工事業者に確認
してください。シーリングファンライト
の製品の形状によっても変わります。)

クリックで拡大↓

シーリングファンライトで設置が不可能な可能性が高い例


設置についてはさらに、この後の解説で
も注意点を詳しく解説していますので
読んでおいてください。

topに戻る

リモコン操作が便利でおすすめ その他注目の機能

最近ではリモコンを使って操作できる
製品が人気で増えています。

たとえば、夏も冷房のときと冬の
暖房の時では、羽根の回転を
変える必要があります。

風量・風向きの調整、リズム運転などが
機能としてついているものは

リモコンでボタン一つでできます。

クリックで拡大↓



※オーデリックのリモコンの例

他に電気の付ける数の調整、明るさ
などメーカーや製品によって様々な
操作が可能です。

そのほか注目したい機能や性能


led

最近ではledタイプの製品が
多くなっています。

電気代の節約に大きく貢献します。

また、電球の取り換え時期が延び
ますのでコスト削減できます。

調光機能

リモコン制御で調光機能があるものは
便利ですし、電気代の節約にもなります。

topに戻る

シーリングファンライトの設置の注意 重量とシーリングの形状

シーリングファンライトはシーリングソケット
とはめ込み、結合させて電気で動かします。

ですので、基本的には家の建築時に
設置されたシーリングを照明器具を
付けるように使えるため、

工事などは不要なのですが、
その際、気を付けたいことが、

重量による強度

です。

ファンが組み込まれるので、やはり重くなる可能性があります。

この
シーリングソケットはいくつかの種類・形があります。

一部のシーリングの形のものは、シーリングファンライトの
重量を支えきれず、落下させてしまう恐れがある物があります。

シーリングソケットについて詳しくはこちら。

上のシーリングライトのソケットの解説のページの
ところで紹介されている。

丸形及び角型シーリング

については、そもそも超軽量な照明器具
をつけるため用に設置されているので、

あとからシーリングファンライトの設置を
する場合、そのまま使うと重量を支え
きれず落下してしまう恐れがあるので、

埋め込み式のシーリングに変える必要がある
場合があります。

一部、軽量のシーリングファンライトのものは、
どんなシーリングでも使える場合もあるかも
しれませんが、

できれば、念入りに質問や専門業者に
見てもらうなどして重量に耐えられるシー
リングを使うことが重要です。


topに戻る

シーリングファンライトの人気ランキング一覧


こちらからいつでも最新シーリングファンライトの人気ランキングを見ることができます。



※「ファン」なしの天昇照明
「シーリングライト」のランキング
ならこちらです。



最新のシーリングライト人気ランキングはこちら

2016年以降でも常に最新のランキング
情報が更新されて、ご覧いただけます。

シーリングファンライトに関しては、
シーリングライトに比べインテリアとしての
要素もかなり高いので、

各社さまざまな形やカラー、デザインを
考案しています。

ですので、人気ランキングで出来るだけ
たくさんの順位のものをじっくりと見比べて、
お気に入りのものを見つけてください。

topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

シーリングファンライトの人気ランキング2018〜2019〜のおすすめ・流れや種類関連情報

キッチンライト・ダイニング照明の人気ランキンング・種類・おすすめ
おしゃれなキッチンライト・ダイニング照明やおすすめについて解説しています。センサー式やデザインの種類などの売れ筋情報さらに今売れ筋がわかるランキング情報も取材しています。
シーリングライトの種類と人気ランキング2018〜2019〜の傾向や種類
人気のシーリングライトのランキングや種類について解説しています。シャープ、東芝、パナソニック、アイリスオーヤマなど有名メーカーが登場。
家庭での照明の種類と目的にあった照明の選び方のポイント
ダイニングやリビングなどマイホームのインテリアとしての天井照明について。お部屋の目的によって選び方を考えましょう。