激安やi7i5高性能デスクトップパソコンの人気ランキング2017〜2018〜の流れや最新売れ筋比較

●当サイトへようこそ!最新のランキング情報やおすすめ・体験談・口コミなどお役立ち情報サイトです!


著者担当 ランキング調査隊

デスクトップパソコンの人気ランキングや種類・選び方・おすすめ情報

ここではデスクトップパソコン売れ筋ランキングやおすすめ
調べながら、旬なPC情報を中心に人気メーカーや
価格、種類・選び方などを取材した情報をお届
けします。

売れ筋ランキングを御覧いただく前に、
デスクトップパソコン選びのお役立ち
情報も解説していますので、

最初から最後まで読んでいてだけ
ますと、PCの上手な選び方ができ
ますので、じっくりと読んで見てください!

担当ケンジ


 

パソコン関連の取材担当をしています!「ケンジ」です。よろしくお願いします。_(._.)_ パソコンの購入サポートが出来れば、、と思って体験パソコンのことなどもご紹介しています。ここではデスクトップパソコンについて解説しています。

 

デスクトップパソコンの人気ランキングで人気のあるディスクトップPCタイプを見つけることができますよ!※ノートパソコンはこちら!


ランキングの入り口は↓
今すぐランキング情報を見たい方はこちら!

おすすめデスクトップパソコン 富士通 WH77/W FMVW77WB

楽天・ヤフーショッピングのランキングで
人気を探して見つけたおすすめのデスク
トップ型をご紹介します。

富士通 WH77/W FMVW77WB 23型液晶画面一体型

富士通 WH77/W FMVW77WB シャイニーブラック

価格 211,400円 (税込) 送料無料

・スペック表
OS

Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-4712MQ プロセッサー
搭載メモリー

8GB
ディスプレイ 23型ワイド フルHD 広視野角 フルフラットファインパネル
ストレージ容量 HDD 約2TB
光学ドライブ BDXL対応 ブルーレイディスクドライブ
USBポート USB3.0×4(右側面×3、背面×1)、USB2.0×1(右側面×1)
Bluetooth v4.0
無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
カードリーダー SD(SDHC/SDXC)メモリーカード
webカメラ

フルHD Webカメラ内蔵(有効画素数 約200万画素)
Officeソフト

Microsoft Office Home&Business Premium プラス Office 365 サービス
主な付属品 輝度調整機能付ワンタッチボタン付ワイヤレスキーボード、多機能BlueLEDワイヤレスマウス、マニュアル類、ACアダプタ、専用タッチペン、保証書

この富士通製 デスクトップ一体型
WH77/W FMVW77WBがおすすめの3大理由!

タッチ操作&ペン入力を快適に楽しめる


最近はデスクトップ型でも「タッチ操作」
ができるタイプが人気で、増えてきました。

液晶画面を指でなぞって操作できるデスクトップ一体型パソコン

タブレットやスマホの影響ですね。

特に若いお子さんの世代が家族に
おられる方は、お子さんが使いやすい
デスクトップを考えられているようです。

お子さんでも使いやすいのがタッチ入力可能なデスクトップパソコン

キーボードを打つより、指で操作する
方が扱いやすいという方が増えている
ようです。

ペン入力もできます。

CPU にインテル Core i7-4712MQ 搭載で高性能重視


一体型のデスクトップPCでは、ノートPCの
ように機器収納部が狭いので、

熱がこもりやすいので、できるだけ高性能な
CPUを搭載しているPCが、

起動も早く、サクサクと動くのでおすすめです。

無線LAN搭載のデスクトップPC


家の中でのWi-Fiの電波を受信できる
機能が最初からついています。

この機能も少し前では、デスクトップPCには
付いていない製品がわりと多くあり、

後付でバッファローの無線機器などを
購入する必要がありました。

今では家の中でも有線より無線で
インターネットと言うのが主流ですので、

最初から無線LANの機能が搭載され
てるこのPCはおすすめですね!^^

富士通 WH77/W FMVW77WBのおすすめの理由まとめ


高機能なスペック、タッチ操作、ペン入力
など、ユーザーの使いやすい、楽しいに
十分手が届く製品だと思います。

それだけに、お値段もややお高めとなり
ますが、将来割と長く使っていきたい
とお考えの方には、

かなりお勧めのデスクトップPCだと思います!


topに戻る


パソコンのリファービッシュ、再生品、中古の違い


最近、パソコンを調べているとよく目にする、
または耳にするキーワードとして、

リファービッシュ
再生品



という言葉があります。
(「リファービッシュ」は「リファビッシュ」・
「リフレッシュ」とも呼ばれている)

「再生品」と言う言葉はなんとなく想像が
付きますね。そう、新品ではない、中古品
といった意味と同じと考えてよいのですが、

それなら「中古パソコン」と書かれている
製品と同じなの?となるとそうではなく、

少し違った意味で用いられています。

あえて中古PCではなく「再生品」
「リファービッシュ品」と書かれている製品は、

「メーカー再生品」

と呼ばれるもので、初期不良等でパソコン
メーカーに返品されてきたパソコンを、メーカー
でチェック、軽微な不具合で

修理できて、問題なく使える製品を再度出荷
されてきたものだけを対象にしています。

マイクロソフトのリファービッシュ品パソコン
※通販ショップでもこんな感じで紹介されています。

上たとえば上の画像は、「マイクロソフト製品」
のノート&タブレットPC、

SONY VAIO Duo 11

のリファービッシュ品の紹介のものです。

★スペック

メーカー

ソニー(SONY)
型番 VAIO Duo 11 SVD1121APJB
OS Windows8-Professional/64bit
Officeソフト King Soft Office 2013
CPU インテル Core i3-3217U(Ivy Bridge)1.8GHz/2コア
サイズ・画面解像度 LEDバックライト11.6インチフルHDワイドTFT液晶
SSD 64GB
メモリ 4GB(2GB×2)/最大4GB
その他 タッチパネル搭載 スライダーハイブリッドPC
保証期間 90日間※メーカー保証なし リファービッシュPC



新品なら、15万円〜くらいするノートPC
ですが、このリファービッシュ品なら、5万円
弱と、かなり価格がお安くなっています。

(VAIO Duo 11は型番としても古いので
安くなっていることもあります。現在は
「VAIO Duo 13」)

ここで、再生品、リファービッシュ品を選ぶとき
押さえておきたいポイントをご紹介します。

それは、「保証期間」です。

先ほどの「ソニーVAIO Duo 11」のスペックを
ご紹介した中に、「保証期間」がありました。

「90日間 メーカー保証なし」となっています。

この保証の内容によって、リファービッシュ品の
信頼度や価格が変わってきます。

リファービッシュ品の補償に関しては、
「メーカー保証あり」というものも多く
存在します。

そもそも「中古品」と「再生品、リファービッ
シュ品」を分けて考えているのですから、

●中古品=メーカー保証なし、ショップが独自に
回収、修理して、独自に販売している

●「再生品」「リファービッシュ品」=メーカー
へ一旦戻り「初期不良」での製品に限り
修理、再出荷したもの。メーカーのお墨付き
だから「メーカー保証あり」

という差別化があるものなので、後者のものが
リファービッシュ品の存在感を確立できます。

ですので、「リファービッシュ品」「再生品」
でのパソコンを探すときは、「メーカー保証あり」
のものに注目するといいかと思います。

ただし、先ほどのような「超特価」的な価格と
なるものは少ないです。

逆に言うと、価格が10%程度(型番の新旧
にもより%の数字は上下しますが)程しか
下がらない「再生品」「リファービッシュ品」
PCものは、

「メーカー保証ありの信頼性が大きい
リファービッシュ品だから」ということです。

メーカー保証ありの場合でも・保証期間が
違う場合もあります。

90日程度、半年、また新品と同じ
メーカー保証1年付き
というものも
あります。

メーカーとしては、「初期不良でほとんど
使われていない「新古」状態で修理した
ものなどはしっかりと1年保証をつけても
全く問題ない、

再度故障で修理返品されてくることが
かなり少ないという自信があるので、

1年保証をつけることができるのです。


実は、「ケンジ」は最近新しいノートパソコンを
買いましたが、

これがまさしく「リファービッシュ品」で買った
ノートパソコンです。

リファービッシュのノートパソコン「レノボ」のご紹介はこちら!


最近、パソコン部品の値段が上がり、
(円安が進んでいるため、日本では
海外製品のパソコン部品が高くなって
いる)

高性能なパソコンを買う場合、かなり
高額な金額になります。

そのため「再生品」「リファービッシュ製品」の
パソコンは大注目されています。

メーカーに関してはいろいろな会社がこの
リファービッシュ品を出荷しています。

皆さんも、ぜひ「再生品」「リファービッシュ」で
パソコンを探して、お得なパソコン選びをして
みてくださいね!



topに戻る


第6世代のインテルチップが8月に登場!スペックをチェック


2015年の8月に新しいインテルの
コアCPUに

第6世代が登場で日本でも話題になっています。

9月から各パソコンショップでも順次発売と
なりそうですが、

現在ではまだたくさんの機種は見つかりません。

その中で、いくつか見つけた第6世代のPC
についてご紹介します。

こちらソフマップ楽天市場店で見つけた、

4K/60Hzの表示機能をサポートした話題の
新型CPU Core i7-6700K搭載ディスクトップ
パソコンです。

第6世代インテル Core i7 プロセッサー搭載パソコン新型CPU Core i7-6700K

SPR-I670KGW8H15G
(バーガーパソコン・スペシャルバーガー)
ドラゴンズドグマ オンライン推奨スペックモデル
(SPRI670KGW8H15G)

となっています。

マウスコンピューター(mouse computer)が
製造元です。

(マウスコンピューターの製品って自店舗以外でも
売っているんですね汗)

チップセットがインテル Z170 Express。

メインメモリにはすでに標準で8GB(8GB×1)が
搭載されていて、最大メモリ搭載は、32GB
という、個人が使うPCにおいては、すさまじく
高スペックとなっています!

価格は159,800円 (税込 172,584 円) 送料込



次回はソフマップ店以外で最新の第6世代
インテルチップを使ったパソコンについて紹介
したいと思います!こうご期待!

topに戻る

デスクトップパソコンの種類や選び方その1 スタイル・デザイン・形

デスクトップパソコンの種類や選び方についてです。

私、「ケンジ」が体験してきた、
デスクトップパソコンの選び方に関する
参考情報などを交えながらお伝えしていきます!

デスクトップパソコンにはこちらでも解説しましたが
大きく2つの種類があります。

  • セパレート型
  • 一体型(オールインワン)

この2つになります。

セパレート型は、情報処理を行うICチップやハードデスク
マザーボードなどが搭載されているボックスと、

パソコン液晶モニター、キーボードなどが別々に存在する
タイプのものです。

富士通 デスクトップパソコンESPRIMO DH70/EN

それに対して、

一体型(オールインワン)は、パソコン本体と液晶モニターが
合体になって出来ているスタイルのものです。

富士通 FMV ESPRIMO FH78/RD FMVF78RDB

上の画像は、

富士通 FMV ESPRIMO FH78/RD FMVF78RDB
一体型(オールインワン)デスクトップパソコン


です。



画像をご覧いただくと、先ほどのセパレート型の
画像にあった、「本体ボックスがない」のがわかると
思います。

セパレート型で本体ボックスにあった情報処理の
部品はモニターの後に一体化され搭載されています。

オールインワンタイプのモニターの後

上の画像のように、一体型(オールインワン)には
モニターの側面に、USBポートや
sdカードスロット、光学式ドライブなどが搭載され、

セパレートタイプの本体同様の機能を搭載しています。

この一体型(オールインワン)デスクトップPCの
利点としては、

置き場所を選ばずに置ける

というのが最大の利点といえますね。

そうなると、スペースに余裕ができてきますので、
大きな液晶モニターで、パソコン作業がしやすく
することができるようになったりもします。

現在、ディスクトップPCの最新の売れ筋
ランキングでも、

この一体型(オールインワン)タイプのパソコンは、
割と人気の高いパソコンとなっています。


さて、パソコンの種類はもっと厳密にいうと
まだまだ区分けはできるのですが、

ここからは、ケンジの体験談と絡めて
デスクトップパソコンの選び方ををご紹介して
いきます。

topに戻る

デスクトップパソコンの種類や選び方その2 性能面

先ほど書いた、デスクトップパソコンの種類
については、

形状的な視点からお話ししましたが、

次に「性能的」の面からお話ししたいと思います。

先ほど紹介した、セパレート型しかり、オールインワン型
のデスクトップパソコンしかり、

共通して言える性能面での選び方です。

現在のデスクトップパソコンの「CPU」
(パソコンの性能のレベルを表す最たる部品、
ヒトで言うと頭脳に当たる部分で
様々な数値計算や情報処理、機器制御など)
の主なメーカーとバージョンは、

Intel(インテル)

と言うブランドメーカーの、

  • core(コア) i3プロセッサー
  • core(コア) i5プロセッサー
  • core(コア) i7プロセッサー

インテルのCPUコアシリーズのラベル

が主力となります。

性能のレベルにおいては数字の大きい方が
より高性能となります。

インテルcorei7 CPU回路
※パソコンの中にはこのようなCPUが搭載されている

高性能の分、もちろんですが価格は高くなります。

パソコンにおけるCPUは「Intel 」だけではありません。

他にAMD(エーエムディー)や、 Celeron(セレロン)、と呼ばれる
CPUのブランドもあります。

今回はインテルのcore(コア)シリーズについてお話しします。

ここで言う「CPUの高性能の意味」は簡単に言うと

「同時に処理を行う速さが早い」

と言うことがいえます。

ですので、ディスクトップPCを
性能面から選ぶ場合、

1つのPCでたくさんの複数の作業を
行う場合は、i5以上の性能を選ぶと、
作業効率が良くなります。

逆にパソコンでの作業が1つや2つ
程度の作業しか継続して行わない、

そんな場合はi3で十分活躍してくれます。

特殊な作業でない限り、(例えばリアルタイムで
途切れなく情報を取得しているなど)

i3で十分ですし、念のためワンランク上の
i5にしておこうというのも正しい選び方だと思います。

ちなみに私「ケンジ」の場合は、

デスクトップパソコンは「コアi5」を使っています。

おすすめデスクトップパソコン コアi5 ウィンドウズ7 マウスコンピューター 外見

ウィンドウズバージョンは「7 ホームプレミアム」です。

コアi5 windows7 マウスコンピューター 口コミレビュー ブラック 

メモリー容量は4GBで
64ビットです。

私の場合、仕事でパソコンを使っています。

インターネットブラウザを同時に7つほど開けて、
それぞれ4から8程度のタブを開いています。

それらの画面を割と頻繁に更新します。

それでも、i5で十分不足はありません。

ちなみに
購入ショップは「マウスコンピューター楽天ショップ」さんです。



※ヤフーショッピングさんでマウスコンピューター製品の
「中古品」を販売しているところもありました。


楽天市場の中で新品タイプのパソコンなら
ここの公式サイトは絶対におすすめのショップさん
ですよ。

保証や電話サポートも充実していますし、
価格面でもリーズナブルな方です。

「ケンジ」は、過去に3台のデスクトップPC、
ノートパソコンをここで購入しています。

もう1点、性能面で意識しておきたいのが、
「メモリ」です。

これは、人がデスクの上で仕事をする場合の、
「デスクの大きさ」と考えてもらえると分かりやすいです。

一度に同時の作業を行う場合で、
たくさんの書類が机の上に置かれていくなら、

デスクは広いほど分けて置きやすいし
整頓もしやすいですよね。

それと同じで、PCでの「デスク」は「メモリ」と
呼ばれる部品がそれをになっています。


ですので「メモリの容量が多い」ものは、
より同時に多くの作業をこなすために必要な
条件となります。

ケンジの場合、デスクトップパソコンのメモリ容量は
4 GB(ギガバイト)です。

これだけのメモリ容量があれば、プライベートや
仕事で使う分でもまず問題ないかと思います。

あともう1点付け加えるなら、

Windowsのバージョン

です。

現在のWindowsのバージョンの最新は「10」
です。(2015年6月)


しかし、主として使われているバージョンは
Windows 7および8バージョンです。
(数字は大きいほど新しいバージョンです。)

この7および8の違いで、パソコンのソフト面での
性能
や使い勝手は少し変わってきます。

と同時にいえることは、8バージョンが搭載されている
デスクトップパソコンより、

7バージョンが搭載されているデスクトップパソコンの
方が価格は安いというのが一般的な考え方です。


さらに、7および8は公式Windowsのサポート対象
になっているので、セキュリティー上の大きな問題は
どちらにもありません。
(7より前のXPと呼ばれるウィンドウズバージョンの
公式サポートは終了しています。)



ここまでざくっとですが、デスクトップPCの種類や
選び方についてご紹介しました。

これらのことを頭においていただき、実際に
どういった種類や性能のパソコンがあるのか?

それを見ながら比較検討していくと、
かなり必要であるパソコンが絞られてくるかと思います。

では次に、ここまでご紹介したPCの種類や
選び方、性能を踏まえて、

それぞれのタイプのデスクトップパソコンの
価格面を中心に見ていきましょう!


topに戻る

価格面は?気になるデスクトップパソコンの値段

さてここからはデスクトップパソコンの
値段や価格を見ていきましょう。

パソコンの価格に最も影響する部分は、

性能面

での理由が最も大きいと思います。

かりに、家電製品のように型番落ちのような
PCがあったとしても、

型番落ち、すなわち過去に製造された
パソコンだと言うことですから、

日々進化するパソコンの性能面から
考えると、やはり性能面で現在のPCより
やや劣るといったことが言えると思います。

ただし、いくら過去に作られたパソコンだと
言っても、現在それらは全く使い物にならない
という事はありません。

むしろ、やや旧タイプの性能面の
デスクトップパソコンの方が、

通常の作業によほどのマイナス面が
ない限り、コストパフォーマンスに優位な
パソコンになることもしばしばです。


すでに個人が持つパーソナルコンピューター全体
の製品レベルはかなり高いものになってますから、

多少古いタイプのものでも、十分価値はあると
考えています。

解説が少し長くなりましたが、ここから今の
ランキングを見ながらおすすめのデスク
トップパソコンをご紹介します!


まず、「セパレートタイプ」でよく売れていて、
しかも高性能に近い、そして価格面でも

まずまずのお値打ち価格になっている
デスクトップパソコンをご紹介します!

レノボ ThinkCentre M73 Tower Corei5/4GBメモリ

レノボ ThinkCentre M73 Tower パソコン Corei5/4GBメモリ

高性能のCPU、インテルi5が搭載されています。

メモリも4GBで、通常の作業、それ以上の
作業でも十分対応できるスペックです。

このスペックで、お値段、

58,300円 (税込) 送料込

は絶体お買い得。(液晶モニターは別売りとなります。)



次に「オールインワン」タイプのお勧めです。

東芝
dynabook D61/PW Core i7-4710MQ/8GBメモリ


東芝 ダイナブック dynabook D61/PW Core i7-4710MQ/8GBメモリ

家電製品でも有名な東芝の「ダイナブック」シリーズです。


先ほどのレノボより「高性能タイプ」となる
CPUインテルコアi7を搭載、しかも
メモリーは8GBでコアi7の性能を
十分に生かせる容量となっています。

スペックとしては申し分ありません。

お値段は、

税込 158,544 円  送料込

とややお高くなります。



高スペックに加えて、オールインワンタイプは、
製造上、小さなスペースにCPUやメモリを
取り付けていくため、

手間がかかるので、セパレート型の
大きなボックスより高額となります。

人気売れ筋ランキングでは、他にもリアルタイムで
色々なメーカーやスペックの人気パソコンが登場
していますので、

ぜひ今のデスクトップパソコン人気ランキング
をご確認下さい!

topに戻る

パソコンでの目の疲れはブルーライトカットメガネが効果的!

さて、パソコンをよく使う方に伺います!

パソコンを使っていると、目の疲れを
ひどく感じませんか?

そういったときに何か疲れを軽減する対処法
はされているでしょうか?

「ケンジ」は今まで何もしてこなかったのですが、
ココ最近、あまりにも目の疲れがひどいので、

同級生の医者をやっている友人に、
悩み相談をしました。

その結果、PCにおける目の疲れ防御に
すごく効果的なものを教えて
もらいました!

それが、

ブルーライトカットメガネ

です!

実際に買ってみて使ってみました。

同じ悩みをお持ちの方はぜひ、体験談
紹介ページを読んでみてください!


topに戻る

デスクトップパソコン売れ筋人気ランキングで今のデスクトップパソコンを見てみよう!

こちらから最新の
デスクトップパソコン人気ランキングを見ることができます。



●編集後記

事務所やお家でパソコンを使うなら、
デスクトップパソコンの方が、

ノートパソコンと同じスペックで価格は
ノートパソコンより安いので、

おすすめです。

ただし、ノートパソコンなら外出用として
使えるので、少し高くても、

ノートパソコンで兼用するという方法もあります。

topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加

デスクトップパソコン人気ランキング2018〜2019〜のおすすめや動向関連情報

一体型デスクトップパソコンで省スペース化!おすすめの製品ベスト3
液晶モニターとCPU本体が一体化したデスクトップパソコンなら、設置スペースを大幅に節約することができ、また配線もすっきりと収まります。人気のおすすめメーカーの特徴を取材しました。
初心者のデスクトップパソコンの選び方ポイントは3つ
初めて、またはまだパソコンにあまり精通していないという方にお届けする初心者向けデスクトップパソコンの選び方やえらぶポイントをご紹介します。