サイズの違い・大きさの違いで選ぶことができる敷布団の知識とは?

●当サイトへようこそ!「目的の記事探し」「キーワード検索」で簡単・便利です!(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)



著者担当 ランキング調査隊

敷布団の大きさやサイズについて

市販されている一般的な敷布団のサイズ

敷布団とは、一般的に、

床に直に敷いて、眠る時に上にからだを載せる布団

のことです。

敷布団には幅の小さい順に、

  • シングル
  • セミダブル
  • ダブル

の3種類の大きさがあります。

一般的な敷布団のサイズ


長さは一律で幅が20cm刻みに大きくなってきます。

シングル 100×210cm
セミダブル 120×210cm
ダブル 140×210cm

今と昔とでは長さに少し違いがある


昔の敷布団の長さは200cmでしたが、
最近では「長めのサイズ」が好まれるようになり、

今では210cmが主流になっています。

※日本人の体形が変わってきた
ことも理由となるでしょう。

それでも、昔のサイズもまだ販売されており、
2種類の長さを区別するためお店などでは、

シングル幅で長さ210cmの敷布団や
敷布団カバーを

「シングルロング(SL)」

と呼んでいるところもあります。

topに戻る

マットレス用敷布団のサイズ

最近では寝心地を良くするために、
マットレスの上に敷く、ウレタンや
エアファイバー素材でできた薄い敷布団
(マットレスパッド)も人気があり、

高齢者や中年すぎの方々の中で、
「柔らかめのやさしいクッション」を
求める方に人気です。

マットレスの上に敷く薄めの敷布団(マットレスパッド)

こうしたベッド用敷布団のサイズは、

シングル 100×200cm
セミダブル 120×200cm
ダブル 140×200cm

ベッドのマットレスに合わせた長さになっています。


topに戻る

身体が教えてくれる、敷き布団の選び方

敷き布団を選ぶとき、一般的に
どういったポイントを押さえるかと
言いますと、

  • 素材
  • 素材の硬さ
  • サイズ・大きさ
  • 質量

などがあります。

しかし、自分に一番合った敷き布団
を選ぶ方法は、「実際に体験した感覚」
が間違いない選び方です。

筆者の私が実際に出会った敷き布団
から、どんな敷布団を選んだのか?

を詳しくご紹介します。ぜひ参考に
してみてください。↓


topに戻る

低反発で人気のトゥルースリーパーの敷き布団の体験談


敷き布団の「硬さ」の好みは、年齢や
体の事情によって人それぞれです。

柔らかい敷布団の方が体の調子が良い
という方に、おすすめのメーカーなら、

トゥルースリーパーが人気です。

実際に年配の方がトゥルースリーパー
を使ってみた体験談のお話しがあり
ますので、

柔らかい素材の敷き布団が好みという
方はぜひ参考にしてみてください。↓


topに戻る

人気の敷布団は最新のランキングで探そう!


敷布団の売れ筋を探すなら、

最新のランキング情報が便利です。

ヤフーショッピングと楽天市場
のリアルランキング情報がご覧
いただけます↓


比べながら価格の違いやメーカー
の人気度などをチェックしてください。

topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

敷布団のサイズ・大きさについて。シングル・ダブルのサイズは何センチ?関連情報

洗える敷布団は洗濯機で洗えます!人気のダブル・シングルの素材と洗い方の方法
敷布団が家庭で洗えるととても便利です。売れ筋製品の評判を比較。洗濯機のサイズも知っておきましょう。