自転車運転は思いやりで事故を少なくできます。自転車走行でのルールについて。

●当サイトへようこそ!「目的の記事探し」「キーワード検索」で簡単・便利です!(検索窓はPCはサイト上部、スマホはサイト下部にあります)



著者担当 ランキング調査隊

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

自転車事故を防ごう!自転車走行のルールをご紹介

たまに街を歩いていると、とんでもない暴走してくる自転車を見かけたりすることがあります。

もしもあの自転車にぶつかったらどうなるだろう?

そう考えるととても恐ろしい光景が浮かんでしまいます。

自転車と自動車や歩行者が事故を起こすことがなく、加害者、被害者を作らないために自転車運転をする時も自転車のルールをしっかりと遵守して走行するようにしましょう。

自転車走行は左側通行は基本

車ほどスピードも出ず、車体も小さい
自転車は、道路の左側を走っても
右側を走ってもあまり違和感もなく、

特に問題は無いように感じますが、
自転車はれっきとした車の仲間
(軽車両)となります。

ですので自動車と同じ方向を向く「左側」
を走るのがルールとなっています。

自転車は左側通行がルール
※自転車は道路の左側を走るのがルール

国では、自転車は左側を走るという認識を
高めるために、自転車が走る方向や場所が
わかりやすくするための画面表示を設置する
ような政策も考えられています。

自転車走行用の路面表示
※自転車専用の矢印が道路路面に付けられる

topに戻る

自転車は車道を走る?歩道を走るの?

自転車を運転中、車道を走るのか
歩道を走るのか?

どちらが正しいのだろうと考えることも
あるのではないでしょうか?

自転車は原則車道を走ることになっています。

でも実は歩道には「自転車通行が許された歩道」
もあります。

自転車は通行可能な歩道の標識

その場合自転車は歩道の通行が可能です。
しかし必ず徐行するスピードで走ります。
(大人の速足程度)

自転車と歩行者の立場は、自転車が加害者に
なることがほとんどです。

歩道通行中に歩行者を巻き込むような事故を
起こしてしまうと、

自転車側は加害者になり責任を負う
ことになるケースがほとんどですので、

歩道走行中は特に気をつける事を
意識しておきましょう。

topに戻る


最近増えだした自転車事故「ながら運転」

今は電子機器が発達しました。

小型化になり、ヘッドホンをしながら
スマートフォンとつなげて音楽を聴いたり、

スマホを操作しながら自転車運転を
している方がものすごく多く見かけるように
なっています。

第三者がこれを見ると誰もが「事故につながる」
と思ってしまうほど、危険な運転が、

「ながら運転」

です。

自転車走行に必要な注意力が確実に
散漫になりますし、

前を見ていないこと自体、事故の確率が
増えてしまうのは言うまでもありません。

しかも、受講したときは事前の事故をまったく
察知できていないので、 「大事故」につながる
危険性の高い運転です。

加害者になっても被害者になっても
あとに残るのは「悲しみ」だけしかありません。

自転車に乗る間は、心で「我慢しよう」
と自分に言い聞かせて、事故を起こす
確立を自分で減らしましょう。

topに戻る


自転車走行で禁止されている運転はこれだ!

先程の「ながら運転」の他に、

自転車ではやってはいけない運転について
は、次のような運転があります。

・酒酔い運転
酒酔い運転自転車走行禁止

・傘さし運転
傘さし運転自転車走行禁止

・夜の無灯火運転
夜の無灯火運転自転車走行禁止

・2人乗り運転(大人同士)
2人乗り運転(大人同士)自転車走行禁止

・信号無視
信号無視自転車走行禁止

・並進通行運転
並進通行運転自転車走行禁止

こういった運転は事故につながりやすいのです。

これらは違反行為ですからペナルティーもあります。

例えば自転車での酒酔い運転は、事故をしなくても
5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
と言う法律が設けられています。

topに戻る

万が一の時に命を守る自転車ヘルメット

世の中に絶対という言葉はありません。

ですので,

僕は私は自転車事故絶対起こさない

という気持ちもある意味自分自身が
交通ルールを守るための言い聞かせには
大事なことといえますが、

自信過剰になりすぎると事故が起こった時
の対策を怠ってしまうこともあります。

今強く自転車事故から命を守る対策
として叫ばれているのが、

自転車ヘルメットの着用です。

ヘルメットを着用している・していないでは
事故の際の死亡率の数字が大きく
変わってきます。

この機会に自転車のヘルメットを着用する
ことを考えてみましょう。

最近では軽くて疲れにくい素材や、お子さん用の
おしゃれでかわいいデザインなど、

様々な自転車のヘルメットがあります。


topに戻る

もしもの自転車事故に自転車保険のススメ

自転車走行のルールを守って運転を
していても、自動車と同じように
絶対に事故を起こさないという
保証はありません。

スピードの出る車両を通る限り、事故の
リスクはゼロとはなりません。

そういったもしもの時のために、自転車の運転
にも、自転車保険があります。

歩行者を大怪我、死亡させるような
自転車事故を起こしてしまったら、

被害者に対して高額の賠償責任を
負うことになってしまいます。

自転車保険では個人賠償責任保険など
様々な種類の賠償に対して保険を
掛けておくことができるものです。

親御さんやお子さんもこういった保険を
入っておくことで、確実に万が一のリスクを
減らすことができます。

自転車保険の一覧・比較サイト


topに戻る

後からチェック!ブックマークの登録を忘れずに!^^

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

自転車事故防止!自転車走行のルールを知っておこう!関連情報

シティサイクル通販人気ランキング2018〜2019〜やおすすめメーカー情報
最新の売れ筋・人気がわかる自転車のシティサイクル限定通販ランキングや激安価格、おすすめメーカーやおしゃれタイプなどについて解説しています。
自転車ヘルメット人気ランキング2018〜2019〜おすすめバイク種類別メーカーや子供用
おすすめの自転車のヘルメットの紹介や、通販売れ筋ランキング情報です。幼児用、子供用、大人用向けのバイクヘルメットを種類に合わせて素材やブランドなど解説しています。
マウンテンバイク人気ランキング2018〜2019〜(MTB自転車)おすすめメーカー激安
売れ筋・人気がわかるマウンテンバイク通販ランキングの動向や激安価格、おすすめブランドや体験談などについて解説しています。
電動アシスト自転車人気ランキング2018〜2019〜の流れ比較やおすすめメーカー
人気の電動アシスト自転車の通販ランキングの動向や人気の移り変わり、種類やおすすめブランドについて解説しています。パナソニックやヤマハ最新情報他。
パナソニックギュットミニDX子供乗せ電動アシスト自転車試乗体験談
人気の電動アシスト自転車パナソニックのギュットミニDXを実際に試乗して感じたメリットやデメリットについて口コミをご紹介しています。
ヤマハ電動アシスト自転車PAS Kiss mini un(パスキッスミニアン)試乗体験談
1歳の子供を乗せるために人気の電動アシスト自転車探し。3つの有名メーカーの一つ、ヤマハ電動自転車PAS Kiss mini un(パスキッスミニアン)を試乗した口コミです!
折りたたみ自転車人気ランキング2018〜2019〜の流れや種類やメーカー
人気の折りたたみ自転車の通販人気ランキングの傾向や種類・メーカーについて解説しています。
自転車人気メーカー「あさひ(ASAHI)」の自転車が熱い
サイクルベースあさひの自転車が人気です。通学、電動アシスト、パンクに強い、スカートでの乗り降りががしやすい形状など。
京都市の自転車対策。放置自転車減少や自転車観光都市への施策
街中の放置自転車が増え、歩行者や交通の妨げになっている問題を解決する対策と自転車観光地「京都」を目指す取り組みが積極的に行われています。